女ねずみ忍び込み控 (学研M文庫 わ 2-18)

著者 :
  • 学研プラス
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059007142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ねずみ小僧の捕縛・処刑、ねずみ小僧の女弟子お千の出現から物語が始まります。お千の器量と気風の良さ、相棒は二番弟子の南無八と小役人村雨弥市、この3人が悪を叩き、弱きを助ける物語。なかなか読みやすく、テンポもいいです。和久田正明 著「女ねずみ忍び込み控」、2011.9発行、続編があるようです。

  • ねずみ小僧の一番弟子、お千。多分実の娘。二番弟子の南無八と天文方弥市と江戸の悪を成敗。

  • 第一弾
    処刑されたねずみ小僧に女弟子が
    もう一人の弟子と南無八と天文方(閑職)の村雨弥一(使い手)のコンビの誕生か

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

和久田正明 わくだ・まさあき
1945年静岡県生まれ。テレビ時代劇の脚本を数多く手がけた後、現在では時代小説の執筆に専念している。
主なシリーズに、「地獄耳」「十手婆 文句あるかい」(二見時代小説文庫)「はぐれ十左暗剣殺」「特命」(徳間時代小説文庫)、「鎧月之介殺法帖」(コスミック・時代文庫)、「死なない男・同心野火陣内」「髪結の亭主」「昼行燈・布引左内影御用」(ハルキ文庫)、「将軍の猫」(角川文庫)、「嵐を呼ぶ女」「決定版・八丁堀つむじ風」(光文社時代小説文庫)、「提灯奉行」「恋する仕立屋」(小学館文庫)などがある。

◆ 好評既刊
十手婆 文句あるかい 全 3 巻
地獄耳 全 5 巻
( いずれも二見時代小説文庫 )

「2022年 『空飛ぶ黄金 怪盗 黒猫4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和久田正明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×