召し捕ったり!: しゃもじ同心捕物帳 (学研M文庫 い 12-8 しゃもじ同心捕物帳)

著者 :
  • 学研プラス
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059007524

作品紹介・あらすじ

南町奉行所定町廻りの元筆頭同心・近藤信吾が、奉行所の吹きだまりと呼ばれている「召捕掛」、通称「しゃもじ掛」筆頭に赴任した。凶悪犯専門のこの部署で、勝手気ままな働きぶりのあらくれ同心たちに手を焼きつつも、江戸市中を騒がせる闇の殺し屋を追い詰める。大法螺吹きで、出仕嫌いの人情同心の活躍を描く、新シリーズ第1弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白い!
    次も作品が見たい!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九五七年愛媛県生まれ。主なシリーズに「船手奉行うたかた日記」(幻冬舎時代小説文庫)、「くらがり同心裁許帳」(光文社文庫)、「暴れ旗本天下御免」(徳間文庫)、「梟与力吟味帳」(講談社文庫)、「樽屋三四郎言上帳」(文春文庫)、「神楽坂咲花堂」(祥伝社文庫)、「ご隠居は福の神」(二見時代小説文庫)、「桃太郎姫」(実業之日本社文庫)など多数。

「2023年 『番所医はちきん先生 休診録五 悪い奴ら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井川香四郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×