夜叉萬同心 藍より出でて (学研M文庫)

著者 :
  • 学研プラス
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059008835

作品紹介・あらすじ

千住宿で舟運業者の寄合が押しこみに遭ったという噂が流れた。だが道中支配の勘定所に届け出はない。悪党から「夜叉萬」と畏怖されている北町の隠密廻り同心・萬七蔵に探索の密命が下る。そんな折、江戸を出奔した友が突然現れた。大人気シリーズ第4弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なるほど、萬さんが独り身なのはそういう事情があったんですね。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

(つじどう・かい)
1948年高知県生まれ。早稲田大学第二文学部卒。出版社勤務を経て作家デビュー。「風の市兵衛」シリーズは累計200万部を超え、第5回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞、ドラマ化でも好評を博した。著書には他に「夜叉萬同心」シリーズ、「日暮し同心始末帖」シリーズ、単行本『黙(しじま) 』など多数。本書は講談社文庫初登場作品『落暉に燃ゆる 大岡裁き再吟味』に続くシリーズ第二作となる。

「2022年 『山桜花 大岡裁き再吟味』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻堂魁の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×