江戸めぐり雨: 市井稼業小説傑作選 (学研M文庫 な 17-5)

制作 : 縄田一男 
  • 学研プラス
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 12
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059008903

作品紹介・あらすじ

池波正太郎、北原亞以子、松本清張、村上元三、諸田玲子、佐江衆一、山本一力ら昭和・平成の名手たちが描く、めぐる因果と人の情け――。歴史・時代小説文芸評論の第一人者・縄田一男が編む、傑作時代小説アンソロジー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 良い暇つぶし。

  • 江戸の市井の人たちの町言葉が好きで、読んできていました。
    が、この本は題名に騙された・・というか、なんと表現したらよいのか・・
    十手をあづかる親分がひどかったり・・
    まだ、仕掛人という言葉が使われていない時の殺し屋・・
    書かれた作家さんたちは、好きですけれど!

    市井稼業小説傑作選シリーズを読もうとしていた心が、
    折れてしまいそう・・
    ”因果はめぐる”・・読み進めてこそ理解が深まっていくのでしょうか・・

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1958年東京生まれ。文芸評論家。著書に『捕物帳の系譜』『時代小説の読みどころ』等。

「2020年 『笊ノ目万兵衛門外へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×