アメリカ独立戦争 (上) (学研M文庫 S と 1-1)

著者 :
  • 学研プラス
3.78
  • (3)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059010623

作品紹介・あらすじ

アメリカ独立戦争の20年前、若きジョージ・ワシントンは、フランスと覇権を争うイギリス軍に加わっていた。七年戦争でのイギリスによるアメリカ征服から植民地課税の問題、ボストン茶会事件、そして独立戦争勃発へ-戦闘における布陣や戦術、イギリス本国の視点という二面から克明に描き出した類のないアメリカ独立戦記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 上巻でようやく独立戦争が始まる。
    それまでの政治闘争の景色の詳細や、対仏対英での戦場配置やルートの図示もあり、日本人著者であることもあってわかりやすい。
    全体を概観できる本はあまり目にしないので貴重。

  • アメリカ独立は、歴史上の大きな出来事であるが、なぜか、日本語では、体系的な流れや戦闘との関連、独立に至った経緯がイギリスとの関連で書かれた本が少なかった。また、これまで、しらなかったイギリス側の議会、国王の動きも書かれていた。更に、独立戦争の前に起こったフレンチインディアン戦争に対しても、詳細に書かれていて、その戦闘の流れも書かれていて、勉強になった。フレンチインディアン戦争など、日本人で、ほとんど、知られていない戦争の状況なども書かれて、これについて、書かれた本が少ない中、よくわかりました。また、今のアメリカがどのようにして、出来てきたかわかり、アメリカ人の気質が一部わかったように思いました。いい本です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。1990年、東京大学理学部物理学科卒。1992年、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程修了。1992〜2005年 株式会社 研究社勤務。現在、特許事務所で特許翻訳に従事。
著訳書に『イギリス革命史(上)オランダ戦争とオレンジ公ウイリアム』(2004年7月、研究社)『イギリス革命史(下)大同盟戦争と名誉革命』(2004年7月、研究社)『アメリカ独立戦争(上)』(2001年6月、学研M文庫)『アメリカ独立戦争(下)』(2001年6月、学研M文庫)『暗号事典』(吉田 一彦との共著、2006/12、研究社)『理化学英語の冠詞の用法』(2004年1月、研究社) 『英語のニーモニック〜円周率から歴史年号・イギリス王室まで覚え歌大集合』(2001年9月、研究社)『南北戦争—49の作戦図で読む詳細戦記』(クレイグ・L. シモンズ著、友清 理士 翻訳、2002/02、学習研究社(文庫))ほかがある。

「2007年 『スペイン継承戦争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

友清理士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×