孤高の鷲: リンドバ-グ第二次大戦参戦記 (上) (学研M文庫 S り 1-1)

  • 学研プラス
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059011149

作品紹介・あらすじ

1927年5月、愛機スピリット・オヴ・セントルイス号で、史上初の大西洋横断無着陸飛行を成功させたリンドバーグは、世界的な英雄となった。10年後、第二次大戦に反対し「孤立主義」を唱導して、ローン・イーグル(孤高の鷲)と呼ばれるようになる。しかし、国家危急の要請には逆らえず、陸軍のパイロットとして参戦した。戦場での目を覆うばかりの惨状を見聞して、赤裸々な異常体験を日記の形で残した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 南太平洋における「米軍の残虐行為」と言うのがどんなものであるのか。そこに興味を持ち探してみるも既に絶版。地元の図書館の書庫に眠っていたところを手にした。<br>
    <br>
    この上巻は1938〜1940年のヨーロッパ及びアメリカが舞台であり、期待した南太平洋の描写はまだ先となる。ヨーロッパ各国の中枢を華々しく渡り歩く"セレブリティ"リンドバーグ。大西洋を単独で初横断した程度の知識のみで日記を漠然と読み進める。<br>
    <br>
    まずは彼の本当に幅広い人脈に驚かされる(ゲーリングから鷲十字章を受け、JFKの父親と親交を結び、エリザベス妃からダンスの誘いを受ける!)。そして、単なる飛行気乗りに収まらない才気にも否応無く気づかされる(人工臓器に関する研究までしていたなんて知っている人がどれだけいるだろうか)。激動の時代のうねりの中で、何とか戦争を回避しようと活動する姿は一種の諜報員のようでもある。そして冷静な時代の観察者だ。<br>
    <br>
    彼は誠実で、家族を愛し、祖国に忠誠を誓い活動を続けていく。誰かが日記として記述した日記をこれだけ読んだのは初めての経験だが、人はそんな日記にウソをつくだろうか。自らを飾るだろうか。そんな風に思いながら読んでいく内にリンドバーグという男が好きになっていく。<br>
    <br>
    一人の観察者の目から見た第二次大戦へ至る歴史の克明な記録。だがそれと同時にこれが日記だという事を忘れてはいけない。あくまでこの観察者の視点によるものなのだ。これが時代の全てではない事を忘れてはならない(歴史的な大事が必ずしも書かれているわけではない)。<br>
    <br>
    引き込まれ読む内に、あっという間に日米開戦前年まで時間は流れ下巻へと日記は続く。<br>
    <br>
    -2006年06月15日読了<br>
    &nbsp;八王子中央図書館にて借る<br>
    &nbsp;(原題:リンドバーグ第二次大戦日記/'74年刊ハードカバー/新潮社)

全2件中 1 - 2件を表示

チャールズ・リンドバーグの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×