服部半蔵と影の一族 (学研M文庫)

著者 : 橋場日月
  • 学習研究社 (2006年10月発売)
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 14人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059011880

服部半蔵と影の一族 (学研M文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なかなか服部半蔵の話始まらないし、他の人の話にいったりきたりして、主軸がブレて読みづらかった。歴史本だから、背景説明しないといけないからしょうがないのかな。
    鬼の半蔵が、所謂忍びではなく、戦場で活躍してたり、スパイのような働きをしてたり、新しい発見があった。

  • 服部半蔵を中心として、戦国時代の服部という名字を持つ人々の足跡をたどった本。途中脱線して三河松平家三代の話や桶狭間の戦いなどの出来事を、背景を的確に捉えたわかりやすい解説などがあって、そちらのほうに興味を持ちました。戦国時代での服部一族の係わりがわかる本です。

    2010.03.03読了

  • 服部党の活躍より信長の活躍を違った角度から検証するのによい本・・・かな。本能寺の変以降は、さらっと読み飛ばし・・・
    で服部半蔵とタイトルに謳っているけど、本文では別の名前で進んでいくので今ひとつピンとこないんだよなあああ・・・

全3件中 1 - 3件を表示

橋場日月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする