上杉景勝 (学研M文庫)

著者 : 近衛龍春
  • 学習研究社 (2008年4月8日発売)
3.13
  • (2)
  • (3)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059012177

上杉景勝 (学研M文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 買ってから何年もたってしまった…。
    やっと読めてちょっとスッキリ。

    上杉三郎景虎が好きなので敵将になってしまうけど、個人的に嫌いなのは兼続さんなので、景勝には何のアレもない。アレってなんだ。
    プレッシャーと責任感と三郎景虎に対する嫉妬と…つらい立場でしたね。三郎景虎と手を取り合って上杉家を越後で守ってほしかったけど…時代と兼続がそうはさせてくれなかった。
    近衛さんは三郎景虎も景勝も兼続も本にしてる。
    参考資料がしっかりしてて、こちらも参考になる。

  • 義の武将・上杉謙信の跡を継ぐにあたり、不義をして後継となったような発言を景勝に度々させている。

    後継争いは、それを明確にしていなかった謙信のミスだし、戦国時代には珍しいことでもない。

    もしかして著者は景勝が嫌いなのでは...と思ってしまった。

    織田勢との戦いや天正壬午の乱、関ヶ原の戦い時の最上や伊達との戦いはもっとページを割いて欲しかった。このあたりを期待していたので。

    先代の存在が大きいし部下の知名度も高い景勝、やっぱり興味深い。

  • ひたすら戦。
    これだけ戦えば謙信に鍛え上げられた越後兵。
    さらに強くなってそう。
    謙信と景勝の関係ってこういう風だったのだろうか??

  • 9784059012177 384p 2008・4・22 初版

  • 挫折・・・。

  • 上杉景勝について1冊にまとめた本。作者の書く景勝の内面を描き方には共感がもてます。死の際で、心残りとなった出来事とは。。。謙信になろうとし、その重圧に苦しめられた武将の生涯です。

    2009.2.20読了

  • 謙信に対しての疑念や畏怖や憧憬とか悶々と苦悩する景勝のストレスフルな武将人生。側に仕える兼続とも馴れ合いのない緊張感ある主従関係なので読んでて眉間にシワが寄りますた。やるかやられるか、胃が痛くなりそう。

全7件中 1 - 7件を表示

近衛龍春の作品

ツイートする