ロンメル戦記 (学研M文庫) (学研M文庫 や 5-6)

著者 :
  • 学研プラス
4.22
  • (5)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059012481

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第二次世界大戦時、敵であるイギリス側から「砂漠のキツネ」の異名を奉られ畏怖されていたエルヴィン・ロンメル元帥の評伝(2009/11/24発行)。

    著名なイギリスの軍事評論家ベイジル・リデル=ハートの評伝の翻訳本と同名の書籍ですが、ロンメルの関わった戦いの地図が豊富に掲載されているのが特徴の評伝です。
    内容の方は、事実かどうか判断しかねますがロンメルに隠し子がいた(?)と云う話が興味を惹きました。 それ以外は他のロンメルの評伝や研究書と同様の内容ですが、コンパクトにまとめられており、それなりに良い本だと思いました。

  • 途中、摘み食いした知識から得た印象と違う人物に思えて首を捻ったりしたんですが、最終的には読んで良かった!

    起きた事を整理しながら、もっかい読み返したい!

  • この人好きだな。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

山崎雅弘(やまざき・まさひろ) 1967年生まれ。戦史・紛争史研究家。

「2020年 『ポストコロナ期を生きるきみたちへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山崎雅弘の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×