奇跡を呼ぶ指回し体操 (学研M文庫 D く 2-1)

著者 :
  • 学研プラス
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059020073

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 指の動きが良くなり、指に刺激を与えると脳が活性化する

    特に小指、薬指の訓練が重要

    もともと子供の遊びはそのほとんどが手足を使うことに関係しています、
    生長過程では手足そのものが遊び道具なのです

    子供の場合、指の発達と脳の発達は、成長過程を通じて不則不離の関係があります

    成人、高齢者にとっては、指の器用さの維持改善は、脳機能の維持改善と不則不離の関係があります

  • 毎日練習したお陰で、指回しが大分うまくなりました。
    著者の言う様々な効果は実感できていませんが、自分の指が思うように動くのは気持ちの良いことで、脳もすっきりします。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

名古屋大学准教授

「2018年 『民法4 債権総論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗田昌裕の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×