マドンナ先生古典を語る (学研M文庫)

著者 :
  • 学研プラス
3.55
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059020240

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マドンナ先生が「枕草子」「更級日記」「百人一首」について語ってくれる。清少納言と三蹟のひとりである藤原行成の関係について知れたのがよかった。

  • 37464

  • マドンナ先生が、枕草子、更級日記、百人一首を解説。自身の恋愛体験なども引いて男女の中を語る。面白かったな。

  • 受験古典といえばマドンナ先生。
    マドンナ先生が平安時代の恋愛の世界へ連れて行ってくれます。

    私は清少納言のお話にとても感銘を受けました。こんな会話をしてみたいものです。色気と知性を兼ね備えているなんて、私の憧れそのもの・・・

    人に借りた本なので、ぜひ購入したい。何度も読み返しました。素晴らしい。

  • とにかく面白い
    古典入門ならこれでしょ、清少納言の駆け引きの巧さ
    あやかりたいです

  • 「さみしい夜に読むことば」をいれたかったのだけど。←名作と呼ばれるが呼んだことのない本たちの美しいフレーズ満載でそのフレーズを追って手に取る日がくるのではないかと考え本棚に入れたくなった。荻野先生なつかしい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

「マドンナ先生」として人気を博し、大手予備校で締め切り講座を続出させてきたトップ講師。著書『マドンナ古文』シリーズ(学研)は大ベストセラー参考書となっている。

「2016年 『マドンナ古文単語230れんしゅう帖 パワーアップ版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荻野文子の作品

ツイートする
×