古今集・新古今集 (学研M文庫)

著者 :
  • 学習研究社
3.55
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059020523

作品紹介・あらすじ

日本の美意識と抒情の極致ともいうべき『古今集』『新古今集』。紀貫之・在原業平・小野小町・藤原俊成・式子内親王・西行・藤原定家など、錚々たる歌人たちの代表作が収められている。本書は、『折々のうた』でその鋭い鑑賞力を高く評価され、幅広い読者を獲得した大岡信が、日本の詩歌の最高峰に挑んだ力作。古典ファン待望の一冊である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 手元において好きな和歌をチェックするのに便利かと思って購入。しかし、ダイジェストにすぎるなあ(苦笑)。
    大岡信はエライ人ってことになってるけど、こんなに面白い和歌集をこれだけ無味乾燥に紹介し、色気も面白みもない解説をつけるって・・・どういう奇才だよ(爆)。

  • 學生の頃、「萬葉集」「古今集」は讀んだが、「新古今集」は通讀してゐない。<BR>
    その當時の私にとつて「萬葉集」のおほらかな歌ひぶりが好ましく思へて、「古今集」は少しばかり技巧が鼻についたのかもしれない。<BR>
    したがつて、さらに技巧の極みともいへる「新古今集」を手にとる氣にならなくなつたのであらう。<BR>
    <BR>
    ところが、40歳を過ぎてから、無性に「新古今集」を讀んでみたくなつた。<BR>
    そこで、まづは選集をと思つて購入したのが本書である。<BR>
    <BR>
    大岡さんの選んだ秀歌で、それぞれの歌集のエッセンスを味はつてしまはうといふ横着な氣持であつた。<BR>
    そして、その目的は充分に達することができた。<BR>
    なつかしい歌もあるが、初めて接した秀歌が半數以上あつた。<BR>
    <BR>
    嚴選されたことばによつて、おほきくイメージが廣がつて行く。<BR>
    日本には、これほどに素晴らしい定型詩があるのだといふことに、あらためて氣付かされた思ひがした。<BR>
    <BR>
    2003年12月12日讀了

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1931(昭和6)年、三島市生まれ。詩人。歌人大岡博の長男。父と窪田空穂の影響で、沼津中学時代に作歌・詩作を行う。一高文科から東大国文科卒業。在学中に「現代文学」、卒業後「櫂」に参加し、「シュルレアリスム研究会」「鰐」を結成。読売新聞外報部勤務を経て、明治大学・東京芸術大学の教授をつとめた。詩と批評を中心とした多様な精神活動を行い、また連歌から発展させた連詩を外国人とも試みている。日本芸術院会員。
詩集―「記憶と現在」「春 少女に」「ぬばたまの夜、天の掃除器せまつてくる」「旅みやげ にしひがし」「丘のうなじ」など。
著書―「折々のうた」「新折々のうた」など多数。

「2016年 『折々のうた 春夏秋冬・冬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大岡信の作品

ツイートする