神楽坂 (戦夏の花嫁) (もえぎ文庫)

著者 :
  • 学研プラス
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059040446

作品紹介・あらすじ

昭和19年、太平洋戦争も末期を迎え、鷹司、秋月、優雪たちは中国戦線に参加していた。そんな中"軍服の麗人"と呼ばれる優雪に、命を懸けて恋慕う秋月から下された一つの命令-それは、「今後は負傷した鷹司を支える妻となれ」という無情なものだった。啼泣しながらも、従うしかない優雪。帰国と同時に、秋月より贈られた白無垢を纏い、鷹司との初夜を迎えるが…!?戦火を生きる男たちのハードロマンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「戦火の情人」編と「戦火の花嫁」編の全2巻です。時代設定が第二次世界大戦中、中国戦線出兵、神楽坂にある吉原的な場所から身請けされた少年…、ってな興味を惹きまくりの作品紹介だったんで、2ヶ月連続発売ものを購入したんですが、私的にはいまいちです。BLじゃないところでドラマチックだからでしょうか?

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

著書は「世界はあなたで廻ってる!」(エタニティ文庫)など150冊以上。BL・TL問わず、働き者(稼ぐ男)とハートフルな職場が好物。

「2017年 『胸騒ぎのオフィス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日向唯稀の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×