仮面の花嫁―弄花伝 (もえぎ文庫)

著者 :
制作 : 鈴本 廃 
  • 学習研究社
3.17
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059040507

作品紹介・あらすじ

輝くばかりの美貌を銀の仮面に隠し、ひっそりと暮らす堅王朝最後の男子・蓮季。暗殺を警戒し、"姫"として育てられたが、秘密を知らない宦官の猛宣は、政略結婚で私欲を満たそうとする。そして各国の貴公子を集め"婿選び"を開催。そこには子供の頃、仮面を外した姫に偶然出会い、一目惚れをした楊国の太子・義真の姿もあった。男であることを隠そうと必死の蓮季だったが、義真は略奪してでも花嫁にする、と、強引に蓮季の体を開き…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 秋山みち花先生の作品が好きなので、作家買いです。何か面白そうなものはないかとアマゾンを浮遊していたところ、この作品と出逢いました。
    しかし、その時点で、既に新刊は在庫切れ。
    他を当たったけど、同じでした。どうしても読みたいなら、電子書籍か古本という選択になり、やむなく古本を購入しました。

    美少女と見まごう美少年が「姫」として育てられ、あまつさえ、その美貌を隠すために仮面をつけていた―。更に、幼い頃、たまたま出逢った他国の皇子が「姫」に強く魅せられ、花嫁にすると誓っていた。事情が事情だけに「姫」も彼を好きなのだが、求婚を受け入れられない。
    だから、皇子は強引に姫を我がものにし―。
    展開としては割とあるんだけれども、流石は秋山先生、のっけから引き込まれ、グイグイと引っ張られて最後まで読了しました。
    「姫」が皇子を好きなのに、「本当の姫」ではないから一緒に行くことはできないと懊悩する姿、欲深な宦官の言いなりになる自分に自己嫌悪に陥りながらも凛として対峙する姿には好感がもてます。
    皇子も強引に迫るけれど、基本、優しいし「姫」を好きなので、残酷ではないです。
    何より私が魅せられたのは挿絵かもしれません。
    一見、BLではなく、美男美女の恋愛物語りかと思いそうな美麗な表紙ですが、よくよく見ると「姫」の凛とした眼差しには女性のものではない力がある?

    とにかく素敵な表紙です。
    そして、表紙を裏切らない中身の面白さ。
    後は感想にはなりませんが、「非常に良い」という状態の古書を購入したので、帯もついているし、ちょっと見には「古本」とは信じられない新品のような状態の良さです。
    お陰で気持ちよく読むことができました。
    前の持ち主さんが本を大切にする人だったのかなと、余計なことを考えつつ読みました。
    読んだらまた売ろうかなと考えていましたが、あまりにキレイなので、このまま蔵書に加えようかとも検討中。
    私も最近はたまに読了済みの本を売ることもあるけれど、たまに少し汚してしまうこともあります。
    こんなキレイな本を見ると、以前の持ち主が本を大切にする人だったんだろうと思えるので、これからは更に気をつけて本を取り扱おうと思いました。

  • この作者様の作品を読むのは、初めてでした。
    王位継承の関係で、男に生まれたのに姫として育てられた蓮季が主人公です。
    お忍び中に見初められ・・・というストーリーです。
    普通の漫画では、中国が舞台の作品は割と好きですが、これはいまいちだと思いました。

  • 宦官の専横に苦しむ国で身を守るため性別を偽り、仮面をつけて暮らす公子と、彼に一目惚れをした楊国の太子・義真の話。
    てゆーか、証拠がないとか言いながら最後はああなるんならさっさと宦官をどうにかすればよかったんじゃないの・・・?と思うんですけどー。
    どうにもこの人の書くお話は最後のツメの部分で安易な方向に走る傾向があるなぁという印象。
    姫として最初に出会い、困ったことになっちゃう話かなぁ。
    もうひとつかな。

  • (あらすじ)
    輝くばかりの美貌を銀の仮面に隠し、
    ひっそりと暮らす堅王朝最後の男子・蓮季。
    暗殺を警戒し、“姫”として育てられたが、
    秘密を知らない宦官の猛宣は、政略結婚で私欲を満たそうとする。
    そして各国の貴公子を集め“婿選び”を開催。
    そこには子供の頃、仮面を外した姫に偶然出会い
    、一目惚れをした楊国の太子・義真の姿もあった。
    男であることを隠そうと必死の蓮季だったが、
    義真は略奪してでも花嫁にする、と、強引に蓮季の体を開き...。

  • 弄花伝_01

全4件中 1 - 4件を表示

仮面の花嫁―弄花伝 (もえぎ文庫)のその他の作品

秋山みち花の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

仮面の花嫁―弄花伝 (もえぎ文庫)はこんな本です

ツイートする