魔法使いとラブレッスン (忘却のラビリンス) (もえぎ文庫 ピュアリー)

著者 :
  • 学研プラス
3.60
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059040606

作品紹介・あらすじ

フツーの高校生・桐山大稀の恋人・辰巳一哉は、前世からの深い縁で結ばれた銀髪の魔法使い。大稀は辰巳と濃密な愛を育みながら、彼のもとで魔物から身を守る魔法修行に勤しんでいた。そんなある日、大稀の前にかつての友・八嶋宗司が現れる。宗司に不穏な気配を察知した辰巳は大稀に警戒を促すが、その矢先、大稀が辰巳に関するすべての記憶を失ってしまい…!?辰巳と大稀に最大の試練が訪れる…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サマミヤさん!大好きです!!
    絵も素晴らしいですが、話もよかった!
    3巻まで。

  • 素敵メガネくんが登場したのに、即退場…。もうちょっと居座っても面白かったのになー。まぁ、また邪魔しに来ることでしょう。がんばれ。報われないだろうけど。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

福岡在住。水瓶座。O型。1996年にBLでデビュー。著書は『誘惑されたアイスドール』『過保護なフィアンセ』(エタニティブックス)など210冊以上。恋愛小説の他に、BLやキャラ小説、少女向けライトノベルを執筆している。

「2018年 『押しかけメイドの恋人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水島忍の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×