夜叉の恋路―鏡花あやかし秘帖 (もえぎ文庫)

著者 : 橘みれい
制作 : 今 市子 
  • 学習研究社 (2008年7月15日発売)
3.40
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059040699

作品紹介

明治33年-世紀末の帝都東京を賑わせているのは、連続猟奇殺人事件。何しろ犠牲者は美少年ばかり、その上死体には毎回「食い散らかされた痕」があるという。いっぽう、雑誌『幻視倶楽部』の新米編集者・香月は、憧れの作家・泉鏡花の担当となり張り切っていた。早速、母校・帝大に資料探しに訪れるが、そこで先輩である神谷と子爵令息との悲恋の噂を耳にし…。くるおしいまでの想いが、ひとりの男を闇へと誘う…。

夜叉の恋路―鏡花あやかし秘帖 (もえぎ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表題作と短編二つ。最後の「白菊の露」は「何やってるんだあんたら・笑」

  • 雷に怯えている鏡花先生←これが一番気に入ったシーンでしたw
    挿絵も素敵〜

全2件中 1 - 2件を表示

夜叉の恋路―鏡花あやかし秘帖 (もえぎ文庫)のその他の作品

橘みれいの作品

夜叉の恋路―鏡花あやかし秘帖 (もえぎ文庫)はこんな本です

ツイートする