身代わりコイビト (もえぎ文庫)

著者 :
  • 学研プラス
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059041160

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大学生・唯歩×開業医・野田のカップリングです。
    妹が嫁に行くという話を聞いて、
    その相手に会いに行くっていうところからお話は始まります。
    実は、妹が野田を好きなのではなく
    野田が唯歩が好き・・・
    妹がキューピットっていうストーリーです(^^)

    感想は、まあまあなかって・・・

  • 森本さんの作品にしては、ちょっと微シリアスかなぁと思いつつ、最後にはやっぱりラブが入っていました。
    兄妹の会話に、ついつい突っ込みを入れたくなってしょうがなかったですね。
    でも、この兄にしてこの妹なら、まあいいかぁと。
    妹の手術が成功する為に願掛けとして、野田に抱かれる唯歩。
    そしてそれをあっさりと受ける野田。
    来るもの拒まずだとしても、ちょっと変わっているとしても、策略だとしても野田の性格が好きだなぁと。
    攻受の掛け合いで、お互いがちょっとずれている辺りが、妙にツボにはいったりも。
    お馬鹿というかちょっと天然入ってる受が、にくめなかったですね。

    全体的に読んでいて、ラストが消化不良といえば消化不良なので、もうちょっと続けて欲しかったかもしれない。
    そこが少し残念だったかな。





    <あらすじ>
    「私、お嫁にいくの」 ……まだ高1な上、生まれつき病弱な妹の突然の結婚宣言に、兄・唯歩はキレた。
    相手は36歳の開業医で、どうやら妹の主治医の友人らしい。
    そんなロリコン野郎に妹を渡せるか!と相手の仕事先に
    乗り込んだところ、「きみが身代わりになるなら、手を引いてやってもいい」と言われてしまう!
    妹のため、あえて「痛い思い」を決意した唯歩だが、実はその相手・野田とは小さい頃に出会っていて…?

  • 攻がもう少しカッコ悪くてもよかったかな。
    病気の妹設定がピンと来なかった面も。
    受、鈍すぎですが典型的森本キャラなので有りだと思うのでした。

全3件中 1 - 3件を表示

森本あきの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×