暴君の激愛 (もえぎ文庫)

著者 :
  • 学研プラス
2.25
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 23
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059041498

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公はやたらと頭が弱いのにギャグに入らないし、シリアスになってこれからというところであっさり王が助けるし、いいところで躱された感じが残ってしまいました。
    それはどこかと言いますと、まず絵と小説のイメージが全然違いました。綺麗な絵だけれど、物語はもっとかわいい感じの小説。
    あと題名も納得しません。閉じ込めただけなんだ?そして、全体を通すと、一冊が薄いのにあれもこれもとてんこ盛りで盛り付けてみたのに味付けのシメが効いてないぼやっとしたお味。デザートはお腹に余裕があってもノーセンキューです。いったい主人公はどこで王を好きになったんだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ホワイトハートほかにて多くのBL作品を執筆。ティアラ文庫にてTL作品を刊行。

「2013年 『後宮の星詠み姫 ~天命は皇帝の手に~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊郷ルウの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×