学研の日本文学 谷崎潤一郎: 異端者の悲しみ

著者 :
  • 学研プラス
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059177050

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これだけ借金している主人公は最近小説であまり見ないなあ……という異界感を覚えた。刺青や春琴抄のほうがそういう意味では異界的じゃないのが不思議。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1886年(明治19年)〜1965年(昭和40年)。東京・日本橋生まれ。明治末期から昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。主な作品に「刺青」「痴人の愛」「春琴抄」「細雪」など、傑作を多く残している。

「2024年 『谷崎潤一郎③ 陰翳礼讃』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷崎潤一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×