「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ

著者 :
  • 学研プラス
3.63
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059179627

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【きっかけ】夫の取引先でこのような人がいて、取引先内で協働がうまくいかず夫にも影響が出ている。また、Twitterでマウント取りを多くみかける。このような人たちの心理を知り、回避したい。
    【気づき】優位に立ちたい人は、幼少期に家族から抑圧されたり、屈辱的な目にあったりして、心に深い傷を負っていることが多い。だから、癒そうと思わなくて良いし、まして共感する必要もない。大事なのは、自分の心を守ること。マウント取りは4タイプに分類でき、ある程度なら対処可能。しかし、凄いストレスを抱えるようなら、付き合いをやめるか、職場を変えるのが一番良い。
    【実践・転用】マウント取りの方を見かけたら『そういう人なんだなぁ』と関わらないようにしたい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

医療ジャーナリスト、心理カウンセラー。「自分中心心理学」を提唱しメンタルケア分野の本を著している。「自分中心心理学 オールイズワン」代表。國學院大學経済学部卒業。日本カウンセリング学会会員。著書多数。

「2020年 『「また断れなかった…」がなくなる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石原加受子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×