IN★POCKET 2015年 1月号

制作 : 講談社 
  • 講談社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784060606150

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぶらり、と書店を訪れた時に
    必ずする事がある。
    それが、
    『ご自由にお持ち帰りください』コーナーの
    情報誌をすべて持ち帰る事。
    チラシの類はもちろんのこと、
    稀にお値段のつく情報誌が
    バックナンバーに限り持ち帰り可♪になっていた時は
    ラッキーだ。

    新刊、
    これから出る本、
    そのタイトルと著者、そして短い紹介文をさらりと読むのが好きなのである。

    『IN POCKET』については
    この献本企画にて初めて知った。
    ありがたく頂き、早速4冊のうちの1月号を拝見したのだが、
    予想を外して大変充実した中味であった。

    ドラマは観ないので「ST」についても
    (おっ、藤原竜也か。)と、思ったきりでいつのまにか番組も終了していたが、
    改めてこんなに掘り返されると
    (バックナンバーなだけに。)
    今更ながらに興味津々!
    (くぅ~、観とけば良かったなぁ。)
    悲観に暮れる私に、
    次のページがくれたものは
    小説版の新連載。
    (いたれりつくせり。)

    巷では情報が溢れかえっており、
    本当に読みたいものがわからなくなりそうな今、
    ほんのちょっと試し読みをどうぞ…
    掻い摘んでこの様なドラマ、物語なのですよ。
    興味を惹く作品があったら是非ご覧下さいませね。
    と、いう謙虚で親切な情報誌だなぁ~と
    嬉しくなってしまった。

    残り3冊もゆっくり拝読したい。
    献本有り難うございました。

  • 皆川博子の辺境図書館:ピランデルロ「作者を探す六人の登場人物」。赤川次郎の寄生生物殺人事件。柴田よしき恋の神様はお昼休み中。の3つは単行本になったら読むはず。

  • 中山七里の「贖罪の奏鳴曲」についての記事を興味深く読みました。
    贖罪の奏鳴曲は原作を読んでいます。
    作者のインタビューで
    「映像化できるものならやってみろ」と思って話を書いてると知り、面白かったです。

  • 文字通りポケットサイズの文芸雑誌だったので、そのサイズ感が何となく新鮮でした。
    内容としてはその月の特集に興味があるか、というので好みが分かれるかもしれません。
    個人的には今月号のSTシリーズやミステリー小説などに興味があまりないので、評価は低めですが、興味があれば読み応えはある一冊かと思います。

  • ▼目次
    【巻頭特集】今野敏「ST」シリーズ大解剖 解説:西上心太
    「螺旋の呪詛」連載スタート!
    【ドラマ化続々!!】
     赤井三尋『翳りゆく夏』
     中山七里『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』
     柴田よしき『花咲慎一郎』シリーズ
    【『女のはしょり道』ついに文庫化!】
     伊藤理佐が描いた"女心の核心"漫画
    【円城塔『道化師の蝶』文庫化限定企画!】
     ポケットの中で読むに限る 福永信とナマエミョウジ
    【『検屍官シリーズ第21作『儀式』上下巻刊行記念】
     大特集『パトリシア・コーンウェル最新刊のみどころ』徹底分析!
     第一部【ここに注目】MITで発見された遺体の「検死メモ」&コーンウェルが描く「アメリカの闇」
     第二部【創作背景に迫る】編集部⇔コーンウェル「Q&A」6 
     第三部『儀式』をめぐる「関連地図&人物相関図」
     

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

【巻頭料理】
小林カツ代さんのレシピ帳から 今こそ知りたい、作りたい 季節のごちそうと人気の家庭料理
身近な素材で簡単に作りやすく、おいしいと今でも人気の小林カツ代さんのレシピ。作りやすく、無駄を省き、でもおいしさのポイントははずさない。料理のつくり手も食べる人もうれしい愛情レシピを今あらためて紹介します。料理制作はテレビ、雑誌でも活躍中のカツ代先生の内弟子第一号の料理家・本田明子さん。

【コラム】
知っておきたい 家事のルールとコツ
『掃除・洗濯・料理 家事のルールとコツ235』(講談社刊)より
知っているつもりの超基本から、めからウロコの裏技まで家事が楽になるコツが凝縮。家事初心者はもちろん、ベテラン主婦も、基本のルールやコツを心得れば、家事がもっと楽しくなります。

「2018年 『かんたん家計ノート 2019』 で使われていた紹介文から引用しています。」

IN★POCKET 2015年 1月号を本棚に登録しているひと

ツイートする