ヒットラー: 世紀の独裁者 (KCデラックス 16)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061037168

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ナチスドイツ総統・アドルフ=ヒトラー、本作品は余りにも有名なこの独裁者の生涯を描いたものです。
    物語は1908年、オーストリアのウィーンで下宿生活をしている19歳の浪人生ヒトラー青年の元へ、親友のクビツェックが訪れるところから始まります。
    そして物語はその後の浮浪者生活、第1次世界大戦での軍隊生活、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の成立、政権掌握、第二次世界大戦勃発と展開し、1945年4月30日の総統官邸地下壕における彼の自殺で幕を閉じます。

    水木しげる氏の独特なタッチにより、時には面白おかしく描かれていくヒトラーの生涯、そこには批判も、もちろん賞賛も無くただ淡々と平易に事実が描かれています。そのため、歴史モノにありがちな難解さが無いので読み易く、逆に読んでいると考えさせられる事が多い作品となっています。
    また、本作品はヒトラー研究家である後藤修一氏の協力により、歴史考証も確かなものとなっています。中でもチェコ大統領ハーハに対するゲーリングの恫喝の言葉が、実話だと知った時は驚きました。
    ヒトラーという人物に少しでも興味がある方は、是非読んでいただきたい1冊です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

水木 しげる(みずき・しげる):1922年鳥取県境港市出身。太平洋戦争に従軍し、戦地で左腕を失う。戦後、魚屋、輪タク屋、アパート経営などを経て紙芝居を描き始めたのち漫画家に転じる。講談社児童まんが賞、日本漫画家協会賞文部大臣賞、仏アングレーム国際漫画祭最優秀作品賞ほか受賞歴多数。91年紫綬褒章、2010年文化功労者。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『河童の三平』『総員玉砕せよ!』『日本妖怪大全』などがある。15年逝去。

「2024年 『水木しげる厳選集 虚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水木しげるの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×