こわがりやのぶるる―こんなこいるかな (2) (講談社の能力開発絵本 (5))

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (17ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061046054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こわがりやのぶるる。

    夜1人で寝ようとすると、カタンと音が。
    積み木が崩れた音だった。
    怖いのでうさぎの人形と一緒に寝ると、今度はバサッと音がする。
    本が落ちた音だった。
    今度は窓の外で音がする…。
    木の葉が風に揺れている音だったけれど、怖いのでおもちゃの兵隊や、くまのぬいぐるみ、いざというとき逃げられるように飛行機のおもちゃもベッドの上に。
    すると、ベッドが満杯で寝る場所がない…。
    ぶるるは、おもちゃの入っていた箱の中でぐっすり眠るのだった。
    ちゃんと1人で。

    夜1人で寝るのは怖い!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

有賀 忍(ありが しのぶ)・絵
板絵画家/絵本作家。現代童画会常任委員。日本児童出版美術家連盟名誉会員。相模女子大学特任・客員教授、江戸川大学客員教授を歴任。
信州で幼少期を過ごす。板を彫り描く「板絵」を制作。イルフ童画館、駒ヶ根高原美術館等、岡谷、東京、神戸、明石、松山にて個展。画集『有賀忍作品集』(日貿出版社)、板絵による総本『ほしのよる』(サンパウロ)がある。
他には『こんなこいるかな』(日本図書センター)、『YELLOW HAT』(英Child Play社 他5ヵ国)、『おとうさんのやくそく』(メイト)、『やさいばたけはおおさわぎ』、『心のさんぽ』(ともに銀の鈴社)等多数。

「2022年 『ようたとからあげくん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有賀忍の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×