ジャングル大帝(1) (手塚治虫漫画全集)

著者 :
  • 講談社
3.62
  • (24)
  • (13)
  • (49)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 169
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061086012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初の方は苦手で、なかなか読むリズムが掴めなかったけど、舞台が人間の社会から動物たちの世界のジャングルに移っていくにつれて、見応えが出てくる。歴史を若干踏まえた社会性を入れてくるあたり、手塚治虫のセンスを感じる。

  • レオだよね~わが家のわんこのもと!



  • ディズニーにぱくられたことや、西武ライオンズの球団マークになっているくらいしか知識がなかった。
    なんとなく想像通りの内容で良くも悪くもなんとも言えない気持ち。
    続きは気になる。

  • 13年ぶりの再読

  • 王国という序列があからさま。貴族の王子様的扱いに抵抗を感じてしまう。ストーリーの辻褄も途中行ったり来たり確認したくなった。

  • 人間に育てられた白いライオン・レオの成長する姿を通して、自然と人間の関わりを描いた長編作品。生き生きとした動物たちや子ども時代のレオの可愛さに目が行きがちですが、人の欲望の醜さや当時は異端の学説だった大陸移動説等も物語に盛り込んだ、社会派かつ科学的な作品です。

    レオを巡る人々や動物たち(父親パンジャ、母親エライザ、そして奥さんライヤまでも)が次々と死んでいってしまう物語構成は非常に寂しい。レオも最終的には自己犠牲で、ヒゲオヤジの命を守るために死んでしまいます(泣)。

    その壮絶なクライマックスを通して読者に伝えられた「すべての命は平等である」というメッセージが、その後『火の鳥』『ブッダ』『ブラック・ジャック』等にまでも引き継がれていくことを考えると、この初期手塚作品『ジャングル大帝』(1954年完結)の偉大さを改めて理解することができるでしょう。

  • N.A.氏のお勧めその1!
    個人的には、とんでもなく泣きそうなのが恐ろしくて読めなかったけれど、ここは勇気をもってしぬまでに一度は読もうと思いました。

  • かなりのメッセージ性を感じられる作品ですが、手塚治という不出生の漫画家の創作力・想像力の豊富さに感嘆しないワケにはイカナイのです。
    手塚治全集に納められているストーリーを現代風に細かくアレンジしていけば、今のコミック形態なら50巻越えたとか100巻越えたとか言う作品が10以上できそうな気がします。それほど凄まじい才能の持ち主だったんだなぁと改めて思うのであります。

  • このシリーズでは全3巻。
    甘くほのぼのした結末ではなく自然の厳しさの前に
    無力な人間を見せつけられ、つらい気持ちでページをめくった記憶がある。
    手塚作品には、ハッピーエンドで終わらない話も多いけれど
    敢えてそういう構成にしたことで伝えたいメッセージがあるのだと思う。
    動物との共生はすばらしい。

  • BS見てたらつい読んでしまった。
    手塚は初期からすご過ぎる。
    と思えば、書き直し。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャングル大帝(1) (手塚治虫漫画全集)のその他の作品

ジャングル大帝 1 Kindle版 ジャングル大帝 1 手塚治虫

手塚治虫の作品

ツイートする