ロック冒険記 1 (手塚治虫漫画全集 7)

著者 :
  • 講談社
3.37
  • (4)
  • (8)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 88
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061086074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大胆に展開していくリズムは「ジャングル大帝」や「リボンの騎士」にも通じるものがあるような気がする。「ジャングル大帝」と似ているのは主人公が技術を別の世界に伝えるっていうところも似てるかも。しかし表紙のロック全然違う(笑)

  • “「女ノ……女ノエプーム
    コドモウム…ウミソウデ…オオサワギシテル」
    「ええっ!?
    女性がまじっていたのかこいつはいけない」
    「ピーピピ ピピピピ ピピピピ」
    「よわったなァこんなことははじめてだ
    ぼくをおがむんかい おがんだってしかたがないよ ここは海の上だしな
    なんとかしてやろう 帆をおろせ!」
    「フネガススマナクナリマスヨ イイノデスカ……?」
    「「なんじの敵を愛せよ」
    ええい きみたちにこんなこといったってわかるまい」”[P.98]

    「ロック冒険記 ディモンの嵐編」

  • TEZUKA SPOT|くら寿司 ホームページ
    くら寿司に行けば、手塚治虫作品が無料で読めるって!
    http://www.kura-corpo.co.jp/tezukaspot/

    講談社のPR
    「地球に異常接近した謎の惑星ディモン!そこは石油の海があり、鳥人(エブーム)に支配された奇妙な生物の世界だった!ディモンにおきざりにされたロックと大助の冒険がはじまる!豊かな想像力でえがく傑作SF漫画!」

  • 大人の世界でくりかえす「欲望」と「希望」とを子どもにわかるように、面白く描いた寓話の逸品です!

    ▼感想・レビュー
    http://life--design.com/book/2010/02/post-2.html

  • 初期手塚作品の代表作でもある、SF要素の強い長編作品。主人公であるロックの強さと聡明さを僕はとても好きだったので、その悲劇的な最終話は、初めて読んだとき(当時僕は中学生でした)とてもショックでした。多くの名作がそうであるように、今読んでもまったく色あせない魅力に溢れすぎています。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪府豊中市生まれ。「治虫」というペンネームはオサムシという昆虫の名前からとったもの。本名・治。大阪大学附属医学専門部を卒業後、医学博士号を取得。46年、『マアチャンの日記帳』でデビュー。幅広い分野にわたる人気漫画を量産し、『ブラックジャック』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『ジャングル大帝』など、国民的人気漫画を生み出してきた。

「2020年 『手塚治虫のマンガの教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×