ロック冒険記(2) (手塚治虫漫画全集)

著者 : 手塚治虫
  • 講談社 (1977年9月19日発売)
3.21
  • (2)
  • (2)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • 36人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061086081

ロック冒険記(2) (手塚治虫漫画全集)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ロック冒険記」後半一気にテンション上がったー!「山椒魚戦争」をヒントにした、人間の欲がきっかけにして展開されるドラマは娯楽としてもメッセージ的な意味でも楽しめた!「摩天楼小僧」はかわいい。「火山島少年」は今ひとつ。

  • “「もちろんおとうさんだけはディモンへ行くから無事ですよ」
    「待ってくれ ぼくは地球の人間がほろびるのを見ていられないんだ」
    「ぼくたちをこんな目にあわせたむくいなんだピピピピヨピヨ
    おとうさんはディモン人ですよ」
    「何をいうんだ! チコ ぼくは地球の人間だ
    さようなら ぼくはおまえを敵にしたくない だが地球を守るっ!」
    「待ってください おとうさあーん」”[P.91_ロック冒険記 鳥人の反乱編]

    「ロック冒険記 鳥人の反乱編」
    「摩天楼小僧」
    「火山島少年」

  • 初期手塚作品の代表作でもある、SF要素の強い長編作品。主人公であるロックの強さと聡明さを僕はとても好きだったので、その悲劇的な最終話は、初めて読んだとき(当時僕は中学生でした)とてもショックでした。多くの名作がそうであるように、今読んでもまったく色あせない魅力に溢れすぎています。

全3件中 1 - 3件を表示

ロック冒険記(2) (手塚治虫漫画全集)のその他の作品

ロック冒険記 2 Kindle版 ロック冒険記 2 手塚治虫

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロック冒険記(2) (手塚治虫漫画全集)はこんなマンガです

ツイートする