アポロの歌(1) (手塚治虫漫画全集)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (12)
  • (9)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061086357

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数


  • 1巻の時点で手塚作品上位の予感。。。

    陳腐なテーマになってしまいかねない愛を手塚が描くとスッと入ってくるのは何故なのかしらん。

  • 1970年少年キング連載。
    鬼丸大将の次の連載。
    社会情勢、マンガ界、手塚プロ問題などなど、まさに手塚マンガ過渡期な作品。

  • ポートランドで英語版を買って読んだ

  • いろんな愛のかたち。

  • 少年誌で性を大きな題材として取り扱った画期的作品。愛の本質を描こうとする作品の主題は「火の鳥」や「ブッダ」や「ブラック・ジャック」にも通じており、物語の構成もすばらしく、もっとこの作品は評価されるべきだ~と改めて読んでみて思う次第です。

    オムニバス形式で夢と現実が交互に繰り広げられる中、悲劇の連続は悲しい限り。第3章と第5章に登場する渡ひろみの姿は、成人したメルモちゃんそのものです。

  • 手塚作品でも上位にランク。

  • 手塚流『愛と性』。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アポロの歌(1) (手塚治虫漫画全集)のその他の作品

アポロの歌 1 Kindle版 アポロの歌 1 手塚治虫

手塚治虫の作品

ツイートする