アポロの歌 2 (手塚治虫漫画全集 36)

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (5)
  • (3)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061086364

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み


  • 国籍が変わるどころか今度はロボットにまでしてしまったか。
    2巻の後半はアトムに通じる部分が多いように感じた。

    主人公とヒロインは毎回出てくるが、章ごとに国や状況など色々と変わるので、連続短編のようでありつつオムニバス形式でもある異質な設定。
    コレを週刊少年誌で連載していたというのもすごい。

  • 少年誌で性を大きな題材として取り扱った画期的作品。愛の本質を描こうとする作品の主題は「火の鳥」や「ブッダ」や「ブラック・ジャック」にも通じており、物語の構成もすばらしく、もっとこの作品は評価されるべきだ~と改めて読んでみて思う次第です。

    オムニバス形式で夢と現実が交互に繰り広げられる中、悲劇の連続は悲しい限り。第3章と第5章に登場する渡ひろみの姿は、成人したメルモちゃんそのものです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪府豊中市生まれ。「治虫」というペンネームはオサムシという昆虫の名前からとったもの。本名・治。大阪大学附属医学専門部を卒業後、医学博士号を取得。46年、『マアチャンの日記帳』でデビュー。幅広い分野にわたる人気漫画を量産し、『ブラックジャック』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『ジャングル大帝』など、国民的人気漫画を生み出してきた。

「2020年 『手塚治虫のマンガの教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×