新世界ルルー (手塚治虫漫画全集 42)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (2)
  • (3)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061086425

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 町の古本屋に寄ると、手塚治虫漫画全集が100冊ほど置いてあった。とりあえず一冊だけ抜いて持って帰る。手塚治虫がまだ健在で、一冊一冊にあとがきを書いたどころか、下手をすると原本までに手を入れたころの1980年発行の本である。

    「新世界ルルー」は手塚のSF三部作(「ロストワールド」「メトロポリス」「来るべき世界」)と比べると、あまり有名ではない。話も、最初こそはタイムカプセルに閉じ込められた男が20年後に生還していた。何故か。という推理ものから始まって、そのあと見事に「モンテクリスト伯」の復習譚の焼き直しになり、後半はパラレルワールドものになってしまった。当時はともかく、現代感覚で見ると新味はない(←これは物凄く厳しい見方であることは承知している)。仕事が増え始めた手塚のやっつけ仕事の感は否めない。

    ところが、そういう話でも「発見」が幾つもあるのが、手塚治虫の凄いところなのである。
    一つは、「ふしぎな少年」の時を止める、というアイデアがここで初めて登場したという事。
    一つは、パラレルワールドの人たちの造形が極めて斬新になっている。頭に口があったり、髪に窓がついていたり、最終的にその辺りの説明はしていないので、「広がり」を持った話になっている。
    一つは、p71の絵にあるように、異次元空間に入る描写が坂口尚のような曲線を使って、いかにも上も下も無い、時間も無いような描写をしていること。上手いと思う。

    また、昭和26年の作品なのだけど、それから20年後東京を予言する都市空間を既にさらさらと書いている。細かいところをいえば、このあと十数年後の東京を予言しているとも言えるだろう。

    昭和20年代の手塚治虫は、改めて凄い。これから古本屋から少しづつ買ってこようと思う。
    2014年5月24日読了

  • ロックが新世界ルルーで手に入れた時間を止める能力を使い、不思議な活躍をするファンタジー。後の「ふしぎな少年」のルーツになった名作です。ドン・ナ・モンデス、コンチック・ショオ公爵等、登場人物のネーミングセンスがさすが。新世界ルルーの斬新な描写が今も色褪せていません。

    新世界ルルーの哲学者コッポポッコ氏のみ、他の新世界ルルー人と外見が違いすぎるのはなぜだろう…。

  • “「ま あなたは時間をとめたのね
    どうりで急に消えたように見えたわ」
    「そりゃいったいどういう意味だい!!」
    「この世界では 時間を自由にすることができるのよ
    思っただけで時間をとめたりはやめたりできるの」”[P.79_新世界ルルー]

    「新世界ルルー」
    「黄金都市」

  • この本を最初に読んだ時、子供心に「時間」の不思議を考えました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪府豊中市生まれ。「治虫」というペンネームはオサムシという昆虫の名前からとったもの。本名・治。大阪大学附属医学専門部を卒業後、医学博士号を取得。46年、『マアチャンの日記帳』でデビュー。幅広い分野にわたる人気漫画を量産し、『ブラックジャック』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『ジャングル大帝』など、国民的人気漫画を生み出してきた。

「2020年 『手塚治虫のマンガの教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×