メトロポリス (手塚治虫漫画全集)

著者 : 手塚治虫
  • 講談社 (1979年1月18日発売)
3.41
  • (13)
  • (11)
  • (53)
  • (4)
  • (0)
  • 127人登録
  • 13レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061086449

メトロポリス (手塚治虫漫画全集)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1949年育英出版。
    この頃、大阪の出版業界もやっと粗末な赤本から改善し、箱入りの豪華な体裁になったらしい。
    それもこれも、手塚漫画が売れたからだろう。(赤本が氾濫した要因も「新宝島」が売れたから)

    全集版はミッチィやケンちゃんの顔が書き直し、ビルも綺麗に描き直されている。
    角川文庫版は印刷滲みで読みにくいが、当時の原画で2色刷りなのでオススメ。角川文庫版解説は安孫子先生。

    戦後4年だからこそ響くペシミズム。

  • 人造人間ミッチイの物語。かなり前に読んだのでうろ覚えな部分もありますが、ラストシーンは脳裏に焼き付いています。

  • 手塚治虫を読むということは、
    「漫画」そのものを知ることなのだ。

    オマージュだのパクリだのと昨今騒がれているけれど、
    手塚治虫は自分が何に影響を受けて作品を描いたのかを
    必ず明らかにする。

    ものを創る人間としてそれは恥ずかしいことでもなんでもなく、
    当たり前のことなのだ。

    今さんもそうだしね。

  • 牧歌的な画風に覆われた、けっこうダークなハナシ。

    漫画好きなら読んでおくべきだが、それは最早「勉強」のためなのかもしれない。

  • 『ロスト・ワールド』(1948年)、『来るべき世界』(1951年)と並ぶ初期SF3部作のひとつ。人造人間ミッチイの体の強さと心の弱さが、後のアトムの原型になっていることは言うまでもありません。レッド公に虐げられているフイフイをはじめとしたロボットたちの存在も重要で、冒頭と最後のヨークシャー・ベル博士の言葉とともに、科学の発達に対する疑問が投げかけられています。

    ミッチイが溶けていくラストシーンには思わず涙(泣)。

  • なんだかディズニー。

  • 映画も観たいなぁ

  • 原作も好き。

  • 映画とはまた違ったストーリーです。

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/1999/04/post_1.html" target="_blank">1999年4月26日</A>

全13件中 1 - 10件を表示

メトロポリス (手塚治虫漫画全集)のその他の作品

メトロポリス 単行本 メトロポリス 手塚治虫
メトロポリス Kindle版 メトロポリス 手塚治虫

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松本 大洋
有効な右矢印 無効な右矢印

メトロポリス (手塚治虫漫画全集)はこんなマンガです

ツイートする