双子の騎士 (手塚治虫漫画全集)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (5)
  • (7)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061086531

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『リボンの騎士』(少女クラブ版)の続編。サファイア姫とフランツの子どもである双子の兄妹(デージィ王子とビオレッタ姫)が活躍する物語です。主人公は、陰謀による兄の失踪によって、母と同じ運命を背負ってしまうビオレッタ姫=2代目リボンの騎士。

    全16章でリズミカルな話の展開も、ビオレッタ姫の目の中の星も、最後のハッピーエンドも素敵です。それにしても黒の王子は最初から最後まで嫌な奴だった…。『リボンの騎士』同様、物語の元凶を作って無責任に天に帰って行く天使のチンクはさすがです。

  • 本当は貸本版。リボンの騎士のサファイアがお母さんというのもワクワク(ドレスを脱ぎ捨てタイツ姿で剣を教える姿はドキドキです)魔女の娘がキノコになっていく姿は哀しみを感じました。

  • リボンの騎士のサファイア姫のお子さんたちの話。サファイアを二で割ったみたいな男の子と女の子の双子さんですが、フランツ王子の遺伝子はどこn(略)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪府豊中市生まれ。「治虫」というペンネームはオサムシという昆虫の名前からとったもの。本名・治。大阪大学附属医学専門部を卒業後、医学博士号を取得。46年、『マアチャンの日記帳』でデビュー。幅広い分野にわたる人気漫画を量産し、『ブラックジャック』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『ジャングル大帝』など、国民的人気漫画を生み出してきた。

「2020年 『手塚治虫のマンガの教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×