リボンの騎士 2 少女クラブ版 (手塚治虫漫画全集 86)

著者 :
  • 講談社
3.29
  • (2)
  • (1)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061086869

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 王がなくなった後、母と塔に閉じ込められたり、地位を奪還したり、隣国をそそのかしたナイロンに国をのっとられたりしながらも、王子とめでたしめでたし。

    ストーリー少女漫画のさきがけ、と言ってもやっぱり手塚カラー。叙情性は感じられないけど、御伽噺と冒険活劇をまぜこぜにしたような無理やりだけど活気のある感じは今の漫画とは違う時代性が感じられる。

  • 小さい頃読んだ御伽噺がこれでもかとつまり、ディズニーが加わり、手塚治虫によって味付けされたお話。最後は少し冗長な感も拭えないのだけれど、粘土をこねてはじまる登場人物紹介、藤城清治のような影絵風のコマなど、素敵なところがたくさん。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪府豊中市生まれ。「治虫」というペンネームはオサムシという昆虫の名前からとったもの。本名・治。大阪大学附属医学専門部を卒業後、医学博士号を取得。46年、『マアチャンの日記帳』でデビュー。幅広い分野にわたる人気漫画を量産し、『ブラックジャック』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『ジャングル大帝』など、国民的人気漫画を生み出してきた。

「2020年 『手塚治虫のマンガの教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×