あさきゆめみし―源氏物語 (4) (講談社コミックスミミ (963巻))

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (24)
  • (12)
  • (48)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 228
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061089631

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容紹介(amazon)
    政敵の娘、朧(おぼろ)月夜との恋が露見、須磨へと流される身となった源氏に、“明石”との運命的な出会いが待っていた──。哀愁をこめて愛を描く大和源氏の華麗な世界。

    コミック: 203ページ
    出版社: 講談社 (1983/5/1)

  • 恋愛の罪は所詮相対的なものか。許されて京に帰る源氏。紫の君がよくできていて涙ぐましい。最後の常陸宮が痛ましい。

  • 【M】

  • 言わずと知れた名作中の名作。少女漫画という手法を用いた『源氏物語』の入門書であり解説書です。『源氏物語』のことを全然理解していなかった僕も、本書のおかげで少しは理解できるようになりました。ただし、今だに登場人物の区別が大変…。光源氏の殿上人っぷりが凄まじいです。

    高校受験や大学受験の際、古文のお供になっていた人も多いでしょう。今年はちょうど連載開始から30周年です。

  • 須磨でにゃんにゃん

  • 絵、繊細。
    でも苦手な人結構多いかもな・・あたしは全然平気だけど。
    あたしが古典好きになった基でもあるかな。マミィが大好きで持ってるんだよね。
    平安時代の男と女の在り方というかとても優雅です。雅です。
    そして切ない。
    源氏も沢山の女性も。
    因みにあたしは六条御息所が好きですね。

全6件中 1 - 6件を表示

大和和紀の作品

ツイートする