新しい仏教のこころ―わたしの仏教概論 (講談社現代新書 117)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061155176

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 仏教とは何ぞやという問いを著者の歩みと共に解説していく。

    キリスト教と原始仏教の大きな違いは、キリスト教では「人はイエスが助けるもの」であるが、仏教では「仏は先を行く友であり助かる道を教えてくれるだけで、人を助けるのはその人自身に他ならない」ということなのかなと思った。

    全体を通して読んでみると、仏教とは宗教というよりも思想だという気もする。
    だが、本書にもあるように二者択一を迫るという点で宗教なのだろう。

    様々な立場を内包することで矛盾は生じてしまうが、宗教においては真実であることよりも信じられる(直感的にあり得そうと思える)ことが重要だと思うので、仏教は有用な宗教だと思った。

    もちろん、全員に必要だとは思わないけど。

全2件中 1 - 2件を表示

増谷文雄の作品

新しい仏教のこころ―わたしの仏教概論 (講談社現代新書 117)を本棚に登録しているひと

ツイートする