眠る盃

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (6)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061163812

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/

  •  
    ── 向田 邦子《眠る盃 197910‥ 講談社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4061163817
     
    https://blog.goo.ne.jp/akira2215/e/5a3e982c2a9efaf1807b218cbf84c529
    …… Mukouda, Kuniko《字のない葉書 19760700 家庭画報》(はがき)
     
     終活年賀状は、毎年一字づつ減らしてはどうか。
     または、向田 邦子の妹ふうに、○(丸印)を、だんだん小さくする。
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20021011 無事 ~ 恩師の消息 ~
     
    <PRE>
     向田 □□  邦子の父 190.‥‥ 東京   19‥‥‥ 64 /東邦生命保険幹部
    ♀向田 せい  邦子の母 190,‥‥ 東京          /1981 邦子の遺品を「鹿児島に嫁入りさせよう」
    ♀向田 和子 邦子の末妹 1938‥‥ 東京          /1978-1998 赤坂の小料理屋「ままや」経営
    ♀向田 邦子 随筆・脚本 19291128 東京 台湾 19810822 52 /航空事故/第83回直木賞
     竹脇 無我    俳優 19440217 千葉 東京 20110821 67 /昌作の三男 [A]
    </PRE>
    ── 向田 邦子の弔辞を読んだ無我は、その命日の前日に亡くなった。
     
    (20181119)
     

  • 向田作品を読むたびに思う、惜しい人を事故で失ったものだ、と。亡くなる2年ほど前の作品も結構あって、それらを読み終えるたびに、向田邦子自身が、この2年程後にこの世を去るとは夢にも思っていなかったのだ、ということを思うと、我が身とても同じこと、ということに思い至る。今を大切に生きていかなければ。。
    特に気に入った作品。「男性鑑賞法」。再読してみたい。

  • 父の風船に感動した。向田さんのお父様って厳格だけど優しい面があって素敵だなと思う。

    ライオン本当にいたんだ!
    あるエッセイのその後があったり、それぞれのエッセイがつながっていたりするところが面白い。

  • いろいろな雑誌に書かれた文章がたくさんで、楽しめました。
    やっぱり、飾らない人柄がうかがえるような話がとりわけ好き。

  • 美味しそうな食べ物がちょいちょい出てきて興味津々。
    そういえば、著者は都内で小料理屋を営んでいたんだ。

    青山の菊屋はそのうち行ってみよう。水羊羹の季節が終わる前までに。

  • 記憶の達人だがちょっと怪しい。

  • ドラマの脚本家として、又、第83回直木賞受賞者として有名な故・向田邦子のエッセイ集。
    表題の「眠る杯」の他にも、「字のないの葉書」などドラマ脚本家らしいキャッチーな題名が並んでいる。
    “向田文学”を知る格好の作品。
    エッセイなので、肩肘を張らずに読める。

  • とてもあたたかい本だった。人を見つめる深さと優しさを感じた。幼かった頃のことを思い返し、父や母、祖父母の当時の年齢よりも、現在の自分は大人になりまたは近づき、今だから感じることもあるのだと、そして家族のあたたかさに思いを馳せているのも印象的だった。
    「国語辞典」には大きな勇気をもらった。「抽出しの中」の切手が必要な時に取る手段はとても面白かった。「騎兵の気持」「恩人」「小さな旅」「鹿児島感傷旅行」にもはっとさせられた。

  • 向田邦子の随筆集。知的な笑いが散りばめられてる。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

向田邦子(むこうだ・くにこ)
1929年、東京生まれ。脚本家、エッセイスト、小説家。実践女子専門学校国語科卒業後、記者を経て脚本の世界へ。代表作に「七人の孫」「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」。1980年、「花の名前」などで第83回直木賞受賞。おもな著書に『父の詫び状』『思い出トランプ』『あ・うん』。1981年、飛行機事故で急逝。

「2021年 『向田邦子シナリオ集 昭和の人間ドラマ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

向田邦子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×