1973年のピンボール

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (58)
  • (81)
  • (237)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 830
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061168626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  最初に読んだのは20歳くらいだから30年ぶりの再読だ。ネズミとジェイと双子、何を示唆しているのかを悩んでみるけどどうもわからない。何かをわかろうとするより、ただ眺めるように読んだ。
     わかならいんだけど、嫌いじゃないのはなんなんだろう?
     また、フライドポテトを食べながら、ビールを飲みたくなった。

  • 話があちこちに飛んで、何だかよくわからない話。表現は比喩的で深みがある気もするが、気取った表現を書き散らしただけ、という感想もあり得るような。良くも悪くも村上春樹的世界。

  • ピンボールにまつわる話は印象的で、単純に雑学としても面白く、そこだけは印象に残った。

    「風の歌を聴け」でも思ったが、この1970年代前後の空気感が全く伝わってこない。
    なぜか時代を感じさせない。
    当時の時代を象徴するような固有名詞が散らばっていたりするのに、全く70年代らしさみたいなものを感じなかった。
    他の小説では、読んでいればある程度年代がわかるものだが、この小説はタイトルが1973年だから70年代ころの話なんだと始めてわかる。
    もしくは、誰かが年代についてしゃべったりしない限り、全くわからない。
    自分の知識の無さのせいなのかもしれないが、自分にとってこれほど時代の空気感を感じさせない小説は初めてだと思った。

  • さようなら、3フリッパーのスペースシップ。さようなら、ジェイズ・バー。双子の姉妹との“僕”の日々。女の温もりに沈む“鼠”の渇き。やがて来る一つの季節の終り――。

  • 今更ながら村上春樹さん初読みです。
    かなり好き嫌いが分かれる作家さんなのかなとレビューなどで感じてましたが「なるほど!」

    取りあえず序盤は入り込みにくい。でも、慣れてくるとこんな感じもいいねと。
    物語性や娯楽性よりも独特な世界観を重視する人にお勧めな感じです。

  • 「羊男…」を読む前にとりあえず…

  • 村上春樹さんの2冊目の小説にして、
    色々な意味合いで個人的に好きな1冊。

    最初はとても“雑な”印象で、
    文章も今ひとつまとまっていなくて、
    まあ要はあまり面白く感じなかったわけです。

    今でもその“雑な”印象は変わってないのですが、
    なんだかその“雑さ”がとても好きで気楽に
    読める数少ない一冊になりつつあります。笑

    というのも一作目の風の歌を〜が予想を
    裏切り賞を受賞してしまった為、
    この当初書かれる予定ではなかった一冊が
    書かれはじめ、それも村上さんはまだ
    専業の小説家にはなっておらず、ジャズ喫茶を
    経営しながら、書き上げた作品ということで
    通りで雑な訳です。

    しかしながらそこに魅力を感じ始めている
    ぼくのような輩もいるわけで「作品の評価」
    というものはいつの時代も曖昧模糊なものですね。

    さーて次は羊です。たのしみたのしみ


    読むのにかかった時間:2時間

    こんな方にオススメ:「風の歌を聴け」を読んだ方はスグにでも!

  • ピンボールってかっこいいなって思った。

  • まず、「僕」の仕事が仲間と2人で初めた翻訳事務所というのが微笑ましい。そして「僕」の労働時間が10時~16時というところが羨ましい。
    毎度毎度社会に対する責任を負っていない「僕」であることが素晴らしい。
    満足度6+

  • 青春の終わりらしい。
    だからどことなく寂しいんだ、この本は。
    青春の終わりは、ずっと過ぎてからじゃないと分からないって良く言う。
    本当にそうなんだろう。

    なんかね、満たされないよ。この本じゃ。

    何度も諦めそうになって、やっと読み通した本です。

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

1973年のピンボールのその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする