1973年のピンボール

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (58)
  • (81)
  • (237)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 830
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061168626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「僕」と双子の女の子、鼠とジェイ。周囲と距離を置くように、そして流れるように生きる二人の男性の話。

    --------------------------------------

    お話の意味がわかったのか、と問われれば、正直なところよくわからない。ピンボールも配電盤もなんのことやらという感じだ。
    でも、楽しめたか、と聞かれれば、大いに味わいながら読むことができたと思う。意味がわからないのに?
    それはフジロックやサマーソニックで海外のバンドを観ている時の気分に似ている。

    たとえば音楽を聴いて楽しむ時、ボーカリストが歌う言葉の意味は重要でないことはよくある。楽器や声の音色、リズム、雰囲気。五感すべてで音楽を楽しむ時、言語は何の役にも立たない。

    村上さんの小説にも同じようなことが言える。文体とかリズムという言葉を使うのが正しいんだろうけど、空気と呼ぶのがしっくりくる気がする。
    全体に漂う、あきらめにも似たセンチメンタルな空気。失った時間や井戸のことをいつも思っている。そこに意味は必要なくて、ただその空気をどう感じるかが重要なんだと思っている。

    だから、村上さんが伝えたいこと(そんなものがあるとすれば)は何も理解してない。
    センチメンタルな文章を読んで、「やれやれ」という気分に酔っているだけで本質的な部分をわかろうとすらしていない自分がいる。そういう読み方もある、と寛大な気持ちで見放してもらえれば何よりだ。

  • 何度目?
    三部作の真ん中。
    会話はちょっと恥ずかしいけど、、、
    羊にいたる大事な序章。

  • ジェイズ・バー、鼠、双子の女の子、ビール、そして3フリッパーのスペースシップ。
    この青春小説の創り上げる要素。
    もう雰囲気が好き。それ以外を求めてもいけない作品だし、それ以上を求めてもいけない作品だと思う。

  • 粗削りでドライ。不思議な世界観。
    じつはいちばん好きなハルキ作品かもしれない。

  • これも本当に面白い。

  • 倉庫の描写が頭にこびりつく。
    彼の作品で一番好きな話。

  • 昔読みましたねぇ。なつかしい。この後、村上春樹は出る度に読んだなぁ

  • そんなジェイが好き。

  • 前作「風の歌を聴け」の続編的作品で、「僕」の章と「鼠」視点の章のふたつが交互に語られる。ふたつの物語に明確な互換性はないが、少しずつキーワードで繋がってるという、非常に面白い構成となっている。「僕」と双子との生活の描写は、暖かく、穏やかで、心の奥の一番柔らかな部分を揺さぶられる。

  • 風の歌を聴けの微妙な続編。

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

1973年のピンボールのその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする