文学〈1998〉

制作 : 日本文芸家協会 
  • 講談社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061170988

作品紹介・あらすじ

文学の「今」を読む傑作短篇アンソロジー。芥川賞受賞作「水滴」ほか最新の話題作13篇を収録した必読の一冊。

著者プロフィール

佐伯一麦(さえき かずみ)
1959年、仙台市生まれ。仙台第一高校卒。雑誌記者、電気工など様々な職に就きながら、84年、「木を接ぐ」で海燕新人文学賞を受賞する。90年、『ショート・サーキット』で野間文芸新人賞、91年、『ア・ルース・ボーイ』で三島賞、97年、『遠き山に日は落ちて』で木山捷平賞、2004年、『鉄塔家族』で大佛賞、07年、『ノルゲ Norge』で野間文芸賞、14年、『還れぬ家』で毎日芸術賞、『渡良瀬』で伊藤整賞をそれぞれ受賞する。ほか著書多数。近著に『アスベストス』がある。

「2022年 『Nさんの机で ものをめぐる文学的自叙伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐伯一麦の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×