頭脳のメカニズム: 発想の源泉はどこにあるか (ブルーバックス 185)

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061177857

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第1部、脳の機能、プロセス、組織化の美についての説明。第2部、いかに大脳が思考し、人間がものを考えるかを直接扱っている。第2部の方は、感覚的に分かりやすいようだ。
    記憶は電気的に起こっている(隠れたる記憶と能動的記憶)、原因は何かと知りたい欲求。レコード、再生・鑑賞/刻まれた溝自体が意識・魂。良質OR粗悪、記憶表面⇒素材自体を処理する=不完全作用・歪曲作用。過去が現在を組み立てる。
    短期的記憶と長期的記憶。記憶は選択できない。誤った分類、方向、パターン。
    思考⇒似ている思考パターンに変化。
    洞察力。1短絡的反応2瞬間的発達状況。
    基本の思考パターン。自然思考、論理的思考、数学的思考、外来思考。

全1件中 1 - 1件を表示

エドワード・デボノの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×