モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)

著者 :
制作 : 菊池 貞雄 
  • 講談社
4.05
  • (168)
  • (70)
  • (136)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 807
レビュー : 124
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061192317

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [墨田区図書館]

    公文の教材に出てきたので、探して借りてきた絵本。表紙絵からも古さを感じたし、これはやや大判のハードカバーの分厚く感じる幼年童話なのでどうかなと思っていたのに、、、、?やはりうちの子は可愛らしいファンタジー系の小説が好きなのかな?今思えばほぼ最初に一人読みを始めた「チョコレート島」シリーズにしても、危ぶんでいたのに割とあっさりと読み進めた「エルマーとりゅう」にしても、「つるばら村」シリーズにしても、、、ふむふむ、私が子どもの頃特に好きだったと思われる、ファンタジー系の本だわ。

    そういう意味では、この本はやや地に足のついた小さな「モモちゃん」の日常を描いたショートストーリーなんだけど、ほぼすべてに空想というか、童話的な要素が入ってくるし、何よりやはり、「かわいいもの」が好きなんだな、きっと(笑)「モモちゃん」の一言に最初は惹かれ、その表紙絵のかわいらしさが気になって読み始めたのかも(笑笑)

    今はシリーズ二冊目を読んでいるところ。そちらは青い鳥文庫となっていて、掌サイズのよくある文庫本シリーズで更に一歩大人向け?の作りとなっているのに、借りてきたらやはり自分から読み始めているところ。この路線でもう少し探してみるか(笑)

  • シリーズ。猫。野菜。0~3歳のモモちゃん。おかあさんがお仕事をしてて、あかちゃんのいえにいるモモちゃん。これが1974年に書かれたお話なのかぁ。

  • 司書さんにお勧めしてもらった本。

    ももちゃんが生まれて、3歳になるまでの物語です。
    にんじん、ジャガイモ、タマネギがカレー粉をしょってやってきたり、猫のプーが喋ったり、ももちゃんたちが雲の上に登っていったりと、ファンタスティックな要素を含みながら、ももちゃんが成長していく過程を描いています。
    かわいらしい物語ですが、同時に哲学的な匂いも漂っているように感じました。

  • モモちゃんが大事に大事にされているところが、子どもにはたまらないでしょう。優しさのいっぱい詰まったお話ですね。学校のは古すぎて誰も手に取らないけれど、朗読したり、1冊をいくつかに分けているのかな?復刻版というのもでているようなので、本当は新しくしてあげたいですね。実は、先日2年生から予約が入っていたのですが、装幀をみて(カバー無し)「これじゃない」と言われたのです。きっと、新しい方が読みたかったのね。お話は同じなんだけど、子どもには大きく違って見えるでしょうから。

  • 第2回 昭和39年

  • 2012.2.19 初読 市立図書館

  • モモちゃんがあかちゃんのうちへはじめて行った時なかないのがすごいと思った。

  • 保育園の頃、先生がお昼寝時間に読んでくれてた本だけど、
    小学生くらいから自分でも読めそう。

    靴下や野菜がおしゃべりしたり、
    ももちゃんと、親友のねこのプーのやりとりがかわいくて、
    シリーズでは、妹も生まれます。

    大人になって読み返したら、実は結構シリアスな流れになっていて…

  • 働くお母さんは大変だ。
    我慢を強いられる子供も我儘言いにくくて大変だ。
    だけど愛情深いママだからモモちゃんはこんなに素直に感情表現できるんだろう。
    ジャムの話がかわゆいw

  • かわいいい!!
    アイシューモの雲が、涙で溶けて落っこちる話が好き

著者プロフィール

1926年東京生まれ。児童文学作家。戦時中の1943年、童話『とかげのぼうや』を執筆。戦後、坪田譲治に師事し、1951年に『貝になった子供』を出版。1955年、瀬川拓男と結婚後、ともに民話の採訪に取り組み、共著『信濃の民話』『秋田の民話』を皮切りに、民話の採録・再話をつづける。
『龍の子太郎』(国際アンデルセン賞優良賞)、『ちいさいモモちゃん』(野間児童文芸賞)以降のモモちゃんシリーズ、『いないいないばあ』以降の「あかちゃんの本」シリーズや「あかちゃんのわらべうた」シリーズ、『朝鮮の民話』全3巻、『私のアンネ=フランク』(日本児童文学者協会)、『あの世からの火』(小学館文学賞)など著書多数。民話に関する著作に『昔話十二か月』全12巻、『現代民話考』全12巻、『現代の民話』など。

「2014年 『民話の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)のその他の作品

松谷みよ子の作品

ツイートする