100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
4.22
  • (1669)
  • (548)
  • (853)
  • (35)
  • (15)
本棚登録 : 6632
レビュー : 1155
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061272743

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Eテレでやっている『ヨーコさんの‘言葉’』が結構好きでテレビをつけてやっていたりするとよく聞いていたりする。聞くとザワザワしていた心がシンとしてフラットに戻れる気がするからだ。
    そのヨーコさんのいわずとしれた代表作がこの絵本。
    高校生の時買って、数年後弟に借りパクされてから(職場に持ってって共有スペースに置いておいたら誰か持ってっちゃったらしい)数十年。
    他のブクログユーザーさんのレビューを読んだら、どうしてもまた読みたくなってしまい買ってしまいました。

    今日届いたので早速読んでみました。
    前と変わらないシンプルな装丁なので懐かしさで一杯になる。
    前は「ちょっと絵柄がワイルドすぎて好みではない」と思っていたヨーコさんの絵がとんでもなく素敵にみえる。

    昔読んだ本で、宮台真司さん?が「あれって囚人服だよね」と書いていたのを思いだし、この本の意味がちょっとわかった気がする。勘違いかもだけど。

    誰も愛さないことは罪。
    生まれ変わるのは罰。

    自分も他人も愛せないからまた‘生まれて’‘死んで’しまうのだ。

    ヨーコさんのこの絵本には仏教的思想がベースにある、というのも聞いたことがある。

    仏教に明るくないのでよく分かんないんですが。

    おはなしの内容ですが、まず何度も繰り返される「猫は○○なんか、大嫌いでした」の言葉に胸が切なくなる。なんで大嫌いだったんだろう。死んだら泣いてくれるのに。‘誰か’のものである猫生なんていらない、と思っていたんだろうか。
    理由はないのだろうか。

    百万回目にようやく‘誰のものでもない自分’になり自分を愛することを知る。

    自分に自信がある立派な猫なのでモテモテになるが、‘自分‘が一番好きなので他猫を愛することができない。

    「おれは100万回もしんだんだぜ。いまさらおっかしくて」

    そこに現れたのが白いねこ。
    とらねこの自慢に見向きもしない。

    その白ねこの態度がまた天然?小悪魔(笑)

    必要最小限の言葉と行動で自分大好きっこのとらねこの心を奪ってしまう。

    とらねこの「そばにいてもいいかい」は最強のプロポーズの言葉ですね。素直で押し付けがましくなく本当に心から出た言葉って感じがする。

    そしてラスト。
    白ねこが死んで100万回も泣いたとらねこは後を追うように死んでしまい、‘もう生まれなく’なってしまう。

    とらねこは‘罪’を許されたのだ。

    百万回も生きたのに、本当に「生きた」のは最後の一回だけだったんでしょうね。

    輪廻転生とか信じてないんですが、この絵本のおはなしにはグッとくるものがあります。

    今度は死ぬまで手元に置こう(笑)

    • 5552さん
      こんばんは、読書 猫さん。
      コメントありがとうございました。
      この絵本、いい本なんですよ~。
      大泣きしました(TДT)
      お姉さまにプ...
      こんばんは、読書 猫さん。
      コメントありがとうございました。
      この絵本、いい本なんですよ~。
      大泣きしました(TДT)
      お姉さまにプレゼントされたとのこと。
      喜ばれたでしょう?
      私は逆に持ってかれましたが...(^^;
      でも良い本なので弟の職場の人に読まれたかもしれないのは嬉しいことです。

      読書 猫さんの解釈にはなるほどと思いました。
      輪廻地獄、怖そうです。
      ‘死’を解放ととらえるのですね。

      レビューには書きませんでしたが、とらねこは白ねこを愛してなかったら、‘永遠に’生と死を繰り返したのでしょうか。「一億回も生きたんだぜ。いまさらおっかしくて」とか言いながら。
      どちらが幸せでしょうか。

      あ、読書 猫さんはお読みになってないんでしたね。私の拙いレビューの情報だけ(他のレビュアーさんのレビューもお読みになってるかもしれませんが)というのは作者のヨーコさんにあまりにも悪いので、本屋で立ち読みでもいかがですか(^-^)
      本が読めるって幸せなことですよね。
      読めないときはほんとに読めないですし。

      またお越しくださいね~。
      2017/12/23
    • えほんのむしさん
      5552さん、こんばんは。
      コメントありがとうございました!
      なかなか勇気が出ずコメントができなかったのですが、この機会に残していこうと...
      5552さん、こんばんは。
      コメントありがとうございました!
      なかなか勇気が出ずコメントができなかったのですが、この機会に残していこうと思います。

      誰も愛さないことは罪。
      生まれ変わるのは罰。

      この言葉にとても衝撃を受けました。
      私も小学生の時に「ドリフの囚人服みたい」と思ってはいたものの、レビューにも書きましたが鈍過ぎて全く理解できませんでした。
      それが二行で書けてしまうとは…
      読書感想文を書くのが苦痛でしかないような人ですから、5552さんのように書けたらどんなにいいかと思います。
      とっても羨ましいです!
      めずらしくスムーズに書けた夏目漱石の『こころ』の感想文は、先生に「えほんのむしは変わった考え方をするね、面白かったよ」と言われる始末です(笑)
      逆に一般的な意見がどうなのか聞いておけばよかったと今でも思います。
      (当時の自分がどんな感想を書いたのか忘れましたが)
      こんな変わり者でもよろしければ、今後もよろしくお願いします<(_ _)>
      2018/02/02
    • 5552さん
      えほんのむしさん、こんばんは。

      コメントありがとうございます!
      誉められ慣れてないのでびっくりしてます。

      『100万回生きた猫...
      えほんのむしさん、こんばんは。

      コメントありがとうございます!
      誉められ慣れてないのでびっくりしてます。

      『100万回生きた猫』
      わたしも初めて読んだときは、「思ったより感動しないなあ」でした(^-^;
      しばらくして宮台さんの発言を知り、「へー、そんな意味があったんだ~」と。
      その後十年以上の時が立ちブクログをはじめました。
      そして、えほんのむしさんのこの本のレビューをポチしてくれた方がいて、新着レビューに上がっていたんです。
      読んでいた本だったので興味をもって読ませていただき、どうしても読みたくなって楽天ブックスで注文。クリスマスイブの前の日に届きました。
      すぐに読んで書いたレビューです。

      今まで忘れていたけど(笑)えほんのむしさんのレビューの投稿日からみてたぶんそうだとおもいます。
      夜中に感動しながら他の方のレビューもポチポチ押しました。
      遅ればせながらお礼を。
      レビューを書いてくれてありがとうございました。

      文章はコンプレックスがあって、高校生の頃文通相手に「5552ちゃんの書いてることはよく分からない」とぼやかれました(^-^;
      今でも「これちゃんと人に見せられる文なのか?伝わっているのか?」と不安に思いながら投稿しています。
      タブレットに「清書」されて載るとそれなりに見られるような気がしてくる(笑)ので、その誘惑に勝てないでいます。

      そうそう、わたしも小学校の頃作文で先生に「ユニークな作文ですね!」と感想を書かれましたよ(^-^)
      「私」と「テレビ」と「ビデオデッキ(DVD プレーヤーのようなもの)」が最近のアニメ事情を語り合うというものでした(^-^;
      作文っていうか、妄想...?(笑)
      喜んでもらえたから良かった、と思いましたが(ポジティブな小学生時代の私)
      えほんのむしさんの作文への先生の感想もたぶん、誉めているんですよ。
      「一般的」な感想はたぶん見慣れてらっしゃると思うので。
      私は自分のレビューが「一般的」すぎる感想だ!とちょっと悩んでいるくらいなので羨ましいです。

      長文になってごめんなさい。

      こちらこそよろしくお願いしますm(_ _)m


      2018/02/02
  • 100万回生き返っては
    様々な飼い主のもとで
    死んでゆく猫。

    あるときは
    一国の王の猫であったり、
    あるときは
    船乗りの猫。

    あるときは
    サーカスの猫であり、
    またあるときは
    泥棒の猫であったりと様々。

    飼い主たちは
    猫の死をひどく悲しんだが、
    猫自身は
    死ぬのなんか平気だった。

    あるとき猫は、
    誰のものでもない
    野良猫となり、
    やがて一匹の白い猫に恋をする…。



    愛するということ、

    好きになることの
    不思議さ。

    かけがえないものを失った時の空虚さ。

    人生の意味、

    誰にでもある
    言葉にはできない
    そんな感情や疑問を
    奇跡のように
    絵本の中に閉じ込めた作品です。


    もう今から20年も前になるけど
    子供が読むものと思っていた
    絵本を読んで
    衝撃を受けたのは
    この作品が初めてでした。


    愛する白猫が死んで
    猫が顔をくしゃくしゃにして
    最後に号泣する場面は
    今でも鮮やかに思い出せるし、

    これほど悲しい泣き顔を
    自分はそれまで
    見たことなかったんですよね…。


    繰り返される生の中では
    人との出会いは勿論、
    愛の存在さえも
    なんの意味も持たない。


    一度きりの人生だからこそ、

    愛が、

    人が、

    今ここにあるものすべてが
    輝きを増してくる。



    なぜ猫は最後に
    もう一度
    生き返らなかったのか?

    それは自分自身の人生を生き、
    誰かを愛することの意味を知って、

    何度も生き返ることの
    無意味さを理解したからだと
    自分は思っています。



    もう後悔はしたくない人、

    今の人生に迷ってる人、

    いつか終わりの来る
    人生から
    逃げてしまってる人、


    本当に1人でも多くの人に
    読んで欲しい作品です。


    子供のころ読んだ人も
    大人になって
    また読み返してみると
    また違う感想を持つだろうし、
    自分自身の答えが
    それぞれ見つかるんじゃないかな(o^-^o)

    • まろんさん
      これはもう、表紙を見ただけで泣いてしまう絵本です(>_<)

      どんなにかわいがられても
      どんなに贅沢な暮らしをしても
      いつもつまらなそうな、...
      これはもう、表紙を見ただけで泣いてしまう絵本です(>_<)

      どんなにかわいがられても
      どんなに贅沢な暮らしをしても
      いつもつまらなそうな、ふてぶてしい顔をしてた猫が
      初めて愛した白猫の死に
      身も世もなく泣いている、あのシーン。

      かけがえのないものを見誤らないように
      大切に、大切に生きなくちゃ、としみじみ思わせてくれる作品です。
      2012/05/23
    • 円軌道の外さん

      いやぁ〜
      ホンマその通りですよね!

      コレ自分にとって
      ホンマ大切な絵本なんです(^_^)

      愛する白い猫が死んで
      今ま...

      いやぁ〜
      ホンマその通りですよね!

      コレ自分にとって
      ホンマ大切な絵本なんです(^_^)

      愛する白い猫が死んで
      今まで人のことなんて
      ましてや自分自身のことも
      愛してなかった猫が、
      初めて誰かのために号泣する場面は
      本当に心に刺さりました(泣)(>_<)


      自分も初めて読んだ時に、
      絵本やのに
      こんなに考えさせられる話が
      あったんやぁ〜って
      かなり衝撃を受けたんですよね。

      ミュージカルにもなったし
      世界中で愛される理由も
      今では分かる気がします♪


      本や音楽って
      読む年代や
      そのときの心模様によって
      感じ方はガラリと変わってくるから、

      最初は意味が分からなくても
      何度も触れて欲しいって思います。


      2012/05/25
    • shuwachoさん
      円軌道の外さんの感想って本当にあたたかいですね。
      うちのちびちゃん達にはまだ難しいかなあって仕舞い込んでいる絵本なのですけど、また開いてみ...
      円軌道の外さんの感想って本当にあたたかいですね。
      うちのちびちゃん達にはまだ難しいかなあって仕舞い込んでいる絵本なのですけど、また開いてみたくなりました。
      意味がわからなくても、一緒に読んでみようと思います。
      2013/05/21
  • 幼い頃親に読んでもらって以来、内容もすっかり忘れていた。
    娘の絵本を探しているとき、絵がなつかしくて書店でたまたま手にとって読んでみたら、唖然とするくらいにいい本だった。

    同時に、ダメだなあと思った。

    涙が出そうなくらい感動したのだけれど、子どもはおそらくこの本を読んで(読んでもらって)、共感はしても感動はしないはずだ。なぜなら子どもは、まだ100万回生きられるはずだから。
    逆に、100万回生きられないと完全に諦めている自分がいた。

    この絵本は折りにふれて思い出すべき本だと思った。1度しか生まれ死ぬことはできないと信じている大人にとっては、100万回生きることが可能だということを思い出させてくれるし、100万回生きることのできる子どもにとっては、けれども1回だけを生きることに全力を注いでみることのかけがえのなさをそれとなく感じることのできる本だ。

  • 色々なご縁があり、頂いた絵本。
    絵本=子どもの為。
    という、イコール関係が勝手にあったが、この本で見事に崩れた。

    だいぶ昔に、読んだ時には「猫、死んだのだ・・・。」それぐらいしか、軽くしか感じられなかったが、実に奥深い。


    白猫に会えたことで、白猫を一生懸命愛して、いってしまった。

    100万回生き返り、100万人の人に飼われた猫。


    色々奥深く、難しい本だけど読むたびにそれを味わさせていただけるのがまたいい♪

    • まろんさん
      豪勢な暮らしをして、溺愛されていた時の仏頂面と
      白猫が天に召された時の身も世もない泣き顔が
      いつまでも忘れられない絵本です。
      ほんとうに、読...
      豪勢な暮らしをして、溺愛されていた時の仏頂面と
      白猫が天に召された時の身も世もない泣き顔が
      いつまでも忘れられない絵本です。
      ほんとうに、読むたびに違う感慨を抱かせてくれる名作ですね!
      2012/10/08
    • しをん。さん
      ですよね♪
      何年かおいて読むと、同じ絵本を読んでいるのに、違う感覚に…。
      ですよね♪
      何年かおいて読むと、同じ絵本を読んでいるのに、違う感覚に…。
      2012/10/08
  • 皆さんが読んでいるので、私も読んでみました。

    私「100万回生きる幸せよりも、愛する人と出会う幸せについて書かれてあるよね」

    妻「そうだね」

    私「最後は死んじゃったね」

    妻「そうだね」

    娘「最後死んじゃったのは、土に埋めなかったからだよ」

    私、妻「...」

    私、妻「たしかに」

    • 三略さん
      5552さん

      こちらこそ初めまして。

      コメントありがとうございます。

      子どもが持つ”まっすぐさ”を直に感じさせてくれた貴重な経験でした...
      5552さん

      こちらこそ初めまして。

      コメントありがとうございます。

      子どもが持つ”まっすぐさ”を直に感じさせてくれた貴重な経験でした。

      小1の娘には本好きになってくれたらと思っていますが、実際は「おしりたんてい」「かいけつゾロリ」「おばけのアッチ」からなかなか卒業できないでいます。

      そんな折り5552さんのコメントをいただいたので、娘ヘ伝えて本好きになってもらえる良い機会になりそうです。

      取り急ぎ、お礼まで。




      追伸
      5552さんの書評はいつも拝見させていただいています。

      「夕べのカレー、明日のパン」は、5552さんのコメントがきっかけでした。絵本と勘違いしてしまったのですが(苦笑)

      2018/05/15
    • 5552さん
      三略さん、こんばんは。
      再訪をお許しください。

      わたしのふわふわとした感覚的な『夕べのカレー、明日のパン』のコメントをお読みになって...
      三略さん、こんばんは。
      再訪をお許しください。

      わたしのふわふわとした感覚的な『夕べのカレー、明日のパン』のコメントをお読みになっていたとは!いやはや、お恥ずかしいです。
      でも木皿さんの小説を気に入っていただけたようで良かったです。
      わたしもブクログで知って読んだ本がたくさんあるんですよ(^-^)

      娘さんは小学校に上がったばかりなんですね。
      自分から進んで本を読まれているなんて、本好き達(私含む)の期待の星です(^-^)

      娘さんが大好きになれる本にたくさん出逢えますように。
      2018/05/15
    • 三略さん
      5552さん

      こんにちは。

      娘に5552さんの言葉を娘にスマホを見せながら、話してみました。

      要約して私が説明したのですが...
      5552さん

      こんにちは。

      娘に5552さんの言葉を娘にスマホを見せながら、話してみました。

      要約して私が説明したのですが、満面の笑みで喜んでいました。

      やはり、家族以外に褒められるほうが、効果があるようです。

      本当にありがとうございました。

      2018/05/18
  •  100万回死んで、100万回生き返ろうとも たったひとつの大切な愛に巡り合えるのは難しく、そしてとても大切なの事だとこの本は教えてくれます。
     自分が大好きだった猫が、自分より大切なものを見つけられたとき、きっと読んだ人の心も幸せな気持ちにしてくれる絵本です。

    対象年齢:読み聞かせなら2歳位から ひとりよみは5歳位から

  • この本の存在を知ったのは、10代の頃。某連続ドラマの一場面で、主演の男性が(いしだ壱成だったか堂本剛だったか?)ヒロインにプレゼントとして贈っていたのがこの絵本だった。表紙絵とタイトルが印象に残った。なんかちょっと、オシャレだな、と思った。

    初めて読んだのは、22~23歳の頃。小学生が書いた読書感想文集みたいな本に載っていた5年生女子の感想文が、なんだかとても良い文章で・・・(苦笑)。
    どこかで見覚えのあるタイトルだ、と、連ドラの一場面を思い出した。いい機会だし、もととなる絵本を読んでみよう、と思って手に取った。

    感動。
    子供の絵本としても、もちろん面白い。
    「いのち」を考える本として読むこともできる。
    究極のラブストーリーとして読むこともできる。
    一読で、大好きな本になった。
    何度も読んだ。

    奥さんが妊娠中に胎教として、大きくなったお腹に向かって読み聞かせた。
    何度も何度も何度も何度も読んだ。
    膨らみ始めたのに気づいてから、出産5日前まで読み続けたので、期間は、たぶん半年前後。

    レパートリーは、大好きな絵本を選びに選んだ3冊のみ。
    仕事や飲み会等で帰宅が深夜になってしまった日以外は、平日・休日・盆・正月を問わず毎日読んだ。


    生まれた子はいま、大の本好き。
    佐野洋子さんのおかげかしら。

    あ、もちろん、娘、「100万回生きたねこ」も、お気に入りらしい。

    ★5つ、10ポイント。
    2000年12月頃.初読。

    • ひとしさん
      コメントありがとうございます!
      また、オススメを教えていただき、ありがとうございます。
      今度読んでみますね!
      あと、こちらの絵本もいい...
      コメントありがとうございます!
      また、オススメを教えていただき、ありがとうございます。
      今度読んでみますね!
      あと、こちらの絵本もいいですよね。
      私は本棚に絵本は登録してないのですが、実は結構読んでます(笑)
      シンプルだけど、考えさせられたり、感動したりする本が多いですよね。
      2017/10/25
  • 佐野洋子さんの絵本。わたしが大好きな谷川俊太郎さんと結婚し、離婚し、唯一、いろんな考えをぶつかり合わせた人なんじゃないかと思う。哲学的で、生きるポイントを外さない。絵本の沈黙と言葉をしっかりと使いこなしている。わからない人にはわからないかもしれないが、決してその限られた世界を諦めていない。何度も語り続けたい一冊だ。

    情熱を込めて生き抜いたなら、きっと、その瞬間、これでよかったと思えるんだと思う。それは正しさじゃない。より大きなスピリットを震わせる何かそのものなのだ。

  • 好きな作品すぎて。
    ずっと欲しくて、古本で購入。

    なんか、感想を書くことすら憚られるような、すごくすごく、優しくて悲しい作品。
    読み終えた後、ちょっと、放心です。

    何回生き返っても自分のその状況がずっと嫌いだったのに。

    自由になって、威張って。

    でも、本当にたいせつなものを見つけて、全部どうでも良くなって、その人さえいたらいいと思い、相手の死を悲しみ、死んでゆく。

    死んだことはきっと、彼の意思であり、幸福な瞬間だったのだろうな。


    2015.9.23
    何てすてきな絵本なんだろう。
    絵本なのに、一冊の小説を読んだような読後感、、。
    子どもの頃は正直よくわからなかったけれど、今になって、少しわかる。
    そして、いつか、出会いたい。

    • hs19501112さん
      この本、自分も大好きです。
      相方が妊娠中に、胎教として大きくなったお腹に向かって読み聞かせしてました。

      「いのち」や「いきる」、「生...
      この本、自分も大好きです。
      相方が妊娠中に、胎教として大きくなったお腹に向かって読み聞かせしてました。

      「いのち」や「いきる」、「生き方」とかについて考える…という読み方もできますが、自分は

      「なんか、素敵なラブストーリーだな」という印象を受けました。

      ※あ、、、、フォローありがとです。
      素敵な映画がたくさんの本棚、自分もフォローさせていただきます。
      2018/03/09
    • rachelさん
      hs19501112さま
      コメント、ありがとうございます^_^
      こちらの本、胎教として読み聞かせされていたとは、なんだか、ロマンチックです。...
      hs19501112さま
      コメント、ありがとうございます^_^
      こちらの本、胎教として読み聞かせされていたとは、なんだか、ロマンチックです。

      ラブストーリー、とお聞きして読み直してみましたが、本当ですね。
      人生とは…と固く考えがちな私は生き方に重ねがちでしたが、素敵なラブストーリーという視点も、しっくり来ました。

      また、一方的にフォローしてしまい失礼いたしました。
      コメントをいただき、フォローさせていただいた方にはこうやってご挨拶すれば良いのかと、新発見でした、新しい視点に感謝いたします!!

      こちらこそ、素敵な本棚だなと思いフォローさせていただきました。
      今後の読書生活の参考にさせていただければと思います。

      長くなりましたが、ブクログにて今後ともよろしくお願い申し上げます。
      2018/03/09
  • 「100万分の一回のねこ」を読み、絵本を再読。
    こんなにも深く感じいる絵本だったとは…
    こんなにも絵が力強く魅力的だったとは…

    10年前に読んだときはさらーっと流していた。今は私が変わったからかな。様々な思いが浮かぶ。

    また10年後に読んでみたい。
    きっとまた新しい発見があるだろう。

    本当に100万分の一通りにも読み方や感じ方があるんだろうな。余白や余韻があって、人それぞれに感じられるいい絵本。

    トラ猫は白い猫を愛したから死んだのかな。
    それとも愛を受け取ることが出来るようになったからかな。
    だってそれまでも飼い主に愛されていたもの。

    でも、「自分のねこ」を生きたからかな。
    自由に。

    一冊の絵本から様々な角度で人生を考えられる。
    子どもも大人も。

著者プロフィール

1938年、北京生まれ。絵本作家、エッセイスト。おもな著作に、絵本『100万回生きたねこ』『わたしのぼうし』、童話『わたしが妹だったとき』、エッセイ『神も仏もありませぬ』など。2010年没。

「2019年 『はればれ、お寿司 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)のその他の作品

佐野洋子の作品

ツイートする