ももたろう (講談社の創作絵本シリーズ)

著者 :
  • 講談社
3.92
  • (4)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061272804

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 桃から生まれた桃太郎。おじいさんおばあさんに大切に育てられ、おっきくおっきくなって、ずうたいは大きくなったけれども、ぐうたらでなまけものの少年になります。そんな桃太郎がですが、鬼たちに大切な人たちを脅かされたことにより、じっくりじっくり考えて、鬼ヶ島の鬼を退治しに行く決心をします。犬、猿、雉にも、たまたま出会ったわけでなく、犬ヶ島や猿ヶ島に出会いに行ってるところもおもしろく、きびだんごも、その都度半分だけ分け与えて仲間にしています。それで、やっつけた鬼のところから取り返したお姫様の中でも、一番お気に入りの子を嫁にしてめでたしめでたしなんて、おもしろくないですか。

  • 本格的ももたろうデビュー。方言読みにくかった・・・。桃太郎って怠惰だったんだなぁ。そうだったっけ・・・と思いながら。(3歳7か月)

  • 絵の美しさと、内容の細かい描写がいい。

  • おとなのえほん
    http://ehon.hatenablog.com/entry/momotaro

    鬼退治にでかけるまでの桃太郎の様子が、
    子供の頃に読んだ誠実で働き者のイメージと大きく異なっていた。
    なにか、三年寝太郎を彷彿とさせるような...。

全5件中 1 - 5件を表示

代田昇の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×