バーバパパたびにでる (講談社のバーバパパえほん)

  • 講談社
3.85
  • (48)
  • (69)
  • (70)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1032
感想 : 74
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061287617

作品紹介・あらすじ

バーバパパはバーバママを探す旅に

なんにでも変身できて、やさしいバーバパパ。でも、バーバパパには家族がいなくてさみしいのです。そこで、バーバママになるひとをさがしに世界旅行に出発します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • バーバパパがバーバママを探して旅に出る。
    バーバパパがどのようなキャラクターかわかる一冊。
    何から何までデザイン性が高く、とてもおしゃれな絵本。

    【ママ評価】★★★★★
    驚きのおしゃれ絵本。
    バーバパパはもちろん知っていたけれど、原作を読んだのは初めて。
    線が細くて、とにかくおしゃれ。
    色は軽い感じで、建物や家具や服などどれもこれもデザイン性がとても高い。
    構図も好み。
    作者がパリ出身というのがよくわかる気がするし、一流建築家だったというのも納得。
    個人的には海が美しくて本当に好き。
    登場する人物もいろいろな種類の人間が描かれていて、描くのが好きという感じが伝わってくるよう。
    あと、『たびにでる』というタイトルなだけあってインドやニューヨークなど海外の風景や建築物や人物が描かれているが、どれも異国感が美しくて上手。
    作者は海外にも明るいんだなあ、と感心してしまう。
    そして、バーバパパというキャラクター。
    バーバパパってそうやって産まれるの?!みたいなバーバパパに関する驚きがいろいろあった。
    シンプルだけど唯一無二のキャラクター、こうして生まれたんだなあ…と好感度が上がった。
    ちょっと他の作品も読んでみたくなる。
    その生態を見ると、もう1人の作者が生物学者というのが納得。
    絵を描くのが大好きで賢い作者夫婦なんだろうなあ。

    【息子評価】★★★
    あまり集中して聞いてくれず。
    でもバーバパパには興味を持ったようで「バーバパパ」を言おうと頑張っていた。
    最初は「ばーばばばばば、ぱぱ」と「ば」がすごく多くて可愛かったけど、すぐに「ばーばぱぱ」と言えるようになっていた。
    全ページではないけれど「ばーばぱぱ」と指差して探していたので、バーバパパのキャラクター性の高さを感じた。
    それ以外の絵にはあまり興味を持っていないようだったので、やっぱり絵の素敵さはどちらかと言うと大人向けなのかな。
    ストーリーも多分イマイチわかっていない様子。
    バーバパパが絵本から飛び出してキャラクターとして売れて有名になっているのがわかる気がした。
    2歳5ヶ月

  • バーバーパパとママがで出会うはなしなんだけど、最初から名前はパパとママなんだな(笑)笑えるけど子どもにはつうじないわらいだっと。

  • バーバの子供たちが、あの様にし生まれてきたとは知らなかった。結構、衝撃的だったぁ〜

  • バーバママを探しに、世界中に旅に出るバーバパパ。インドやらニューヨークやら、3歳児には「ハテ?」って感じだろうと思うけど、
    宇宙まで行っちゃって、最後はちゃんとバーバママが見つかる事がとても嬉しいようで、
    「バーバママいるじゃーん!!!」といつも楽しそうに読んでます。
    バーバ赤ちゃんが、植物みたいに生まれるのには、びっくり。

  • バーバパパが家族を見つけるストーリーが興味ぶかかったですが、3歳児には、あまり気に入らなかったようです

  • ながかった
    生まれかた衝撃

  • 最後、けむくじゃらの赤ちゃんが生まれるところを楽しんでました(6歳4ヶ月)

  • 4歳10ヶ月
    バーバママは最初から近くにいたんだよ!が息子の感想。

  • 娘が大好きだったバーバパパ、
    石巻の図書館でよく借りたなぁ〜
    懐かしい(*´-`)
    バーバパパがバーバママをさがす旅に出る話…
    子どもは卵から生まれたよ!

  • 7:3

全74件中 1 - 10件を表示

A・チゾンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかの ひろたか
エリック・カール
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
にしまき かやこ
D.(ドン)フリ...
アネット・チゾン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×