バーバパパたびにでる (バーバパパえほん)

制作 : 山下 明生 
  • 講談社
3.87
  • (32)
  • (51)
  • (47)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 350
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061287617

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バーバの子供たちが、あの様にし生まれてきたとは知らなかった。結構、衝撃的だったぁ〜

  • 3歳11ヶ月男児。
    バーバパパがバーバママを探すお話。
    最後は色とりどりの子供たちが生まれて、でめたしめでたし。
    電車のレインボーみたいだね、とのこと。

  • 2人目出産の里帰り中、ばぁばのパーカーに描かれたアルファベット型のバーバーパパたちに2歳娘が興味をしめしたので、ばぁばが本棚から出してきてくれたミニ絵本。私たちが子どもの頃のものなので染み&ホコリがすごい^^;懐かしい。シリーズ3冊を出してくれて、ばぁばが順に読み聞かせてくれてた。気に入ったようで、翌日以降も何度か私に読んでと持ってきた。1巻は、里帰り前に借りたDVDで見たお話と同じだったけど、娘が覚えていたかは不明。小さい絵本は持ちやすく、カラフルで優しい絵も可愛く、気に入ったよう。私も読み返して、意外に好みな絵本だと気づく。3巻のプラスチックの家を作るシーンが好きだったなぁと思い出した。自分の好きな形に作る部屋、憧れたなぁ。2018/3月

  • 食いつき:★★
    娘の感想:
    親の感想:バーバパパの設定がまるでわからん…

  • バーバパパというキャラクターはとても人気だけど、絵本は読んだことなくて、知りたいをきっかけに読みました。フランス語が原作らしいです。

    バーバパパにはバーバママが必要ですとか
    子供たちの生まれ方に衝撃を受けました。

    もしかしたら私達もバーバパパたちを見つけることができるかもしれない。そんな気持ちになれるキャラクターたちだったんだなって知ることができて良かったです。

  • あ、そうなんだ、シリーズ1作目なのか。
    子供たちがいないなぁ、なんでバーバママいないんだろうと思って読んでた・・・
    子供が生まれる前からパパ、ママだったのね。

  • まさかの卵から生まれるオバケ

  • バーバパパがバーバママを探しに旅にでます。

    色々な乗り物に乗り、様々な国や宇宙に行くのですが見当たりません。

    いったい何処に居てるのでしょうか。

    バーバママを求める姿を見ながら「見たこともないのにバーバママって分かるの」とツッコミを入れたくなるのは私が大人だからなんでしょうね。(苦笑)

    反省です。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本の貸出をしています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    貸出方法については、ユニリーフのHP http://unileaf.org/ をご覧下さい。

  • バーバパパがバーバママを探しに旅に出るお話し。ロンドン、インド、ニューヨーク、宇宙にまで行っても見つからず、最後に家に帰って庭からバーバママがあらわれました。そして七つの卵を庭にうめて子供たちが元気に誕生!

全48件中 1 - 10件を表示

A・チゾンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
ばーじにあ・りー...
なかの ひろたか
トミー=アンゲラ...
にしまき かやこ
A.トルストイ
アネット=チゾン
有効な右矢印 無効な右矢印

バーバパパたびにでる (バーバパパえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする