バーバパパのいえさがし (バーバパパえほん)

制作 : 山下 明生 
  • 講談社 (1975年9月18日発売)
3.91
  • (42)
  • (43)
  • (51)
  • (2)
  • (0)
  • 386人登録
  • 41レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061287624

バーバパパのいえさがし (バーバパパえほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家は自分達の物よねー

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み再製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • バーバパパたちが、体を自在に操って変身するのが得意なんだってことが伝わってくるお話でした。
    ばくだんを投げる時の絵が好きです。

  • ”おうち.”

  • 1歳の息子に読んでいたら、隣で聞いていた16歳の娘が、「みんなでプラスチック爆弾を撃ち込みました」のくだりで「えっ!えぇ~っ!?」と戦慄していました。C-4かなにかで作った爆弾でゲリラ戦をしていると思った様です。

  • 昔読んだもの。今こうしてバーバパパシリーズを読み返すとイラストが繊細でとても凝っている。このバーバパパハウスはすごく覚えているくらい印象的。

  • 家が手狭になって家探し。丘の上にプラスチックで家を作るバーバパパ一家。こどもたちそれぞれの個性がでたお部屋が素敵。
    えのとくいなバーバモジャ、ほしのすきなバーバピカリ、おしゃれなバーバベル、べんきょうかのバーバリブ、やさしいバーバズー、げんきなバーバブラボー、ようきなバーバララ。

  • 前作の最後に家族が増えたバーバパパ達。元のおうちは狭すぎるので、新しいおうち探し。色々あったものの、最後は一件落着!

  • 2012 08 11

  • [高森図書館]

    初めて借りてきた、バーバパパシリーズ5冊のうちの一冊です。

    最初に読んだ、「バーバパパのしまづくり」を気に入ったようで、残りの4冊も一気に読みました。"パパ"、"ママ"、"モジャ"以外のキャラクターの名前がイマイチ覚え切れませんが、それほど名前が分からなくても読み進められるストーリーなのが、また◎。どんどん残りのシリーズを読みたくなりました。

    それにしても、バーバの家族は自由奔放。自分達の素敵なおうちを作るところまではいいなぁと素直に楽しんで読んでいたけど、最後の逆襲撃については、あの展開でいいのかなぁ?(笑)

全41件中 1 - 10件を表示

A・チゾンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかの ひろたか
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
モーリス・センダ...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

バーバパパのいえさがし (バーバパパえほん)に関連する談話室の質問

バーバパパのいえさがし (バーバパパえほん)に関連するまとめ

バーバパパのいえさがし (バーバパパえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする