剣 (講談社文庫 A 19)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (5)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061310193

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 奥泉光の『滝』の参考に。
    純粋な情熱の行く末はやはり死でしかない。汗とかけ声の陶酔、面金ごしに視る瞳の色、袴の脇から覗く素肌の鮮烈なエロティシズム、若い肉体の躍動美。その官能的な描写に頰を熱くして読んだ。そして少年の大人の男への憧れ、海が重要なモチーフであるところなど同時期に書かれた『午後の曳航』にも通じる。詩の罠の中をそれとは知らずに、悠々と通り抜けることができた次郎も海に惹かれ海を視界の片隅から追い出しながら、結局は海に裏切られ破滅させられる。
    『奔馬』共通するモチーフ、傷ついた鳥、蛇、白百合などの象徴するところは何だろうか。

  • 表題作の『剣』の描写が本当に綺麗です。

    短編ばかり入っていますが
    文学からサスペンス・ホラーまで網羅された
    短編集です。

    どの話も新鮮で本当に面白かった!

  • とにかく文章が美しい。特に表題作である剣の冒頭部分、流れるように人物が、風景が描かれる様子は天才的。話自体は悲劇的であるけれど、爽やかさや美しさを持った余韻を感じさせる、非常に優れた短編だと思う。他には七作が入っているが、それぞれ趣向が凝っており、読み応えがある。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

本名平岡公威。東京四谷生まれ。学習院中等科在学中、〈三島由紀夫〉のペンネームで「花ざかりの森」を書き、早熟の才をうたわれる。東大法科を経て大蔵省に入るが、まもなく退職。『仮面の告白』によって文壇の地位を確立。以後、『愛の渇き』『金閣寺』『潮騒』『憂国』『豊饒の海』など、次々話題作を発表、たえずジャーナリズムの渦中にあった。ちくま文庫に『三島由紀夫レター教室』『命売ります』『肉体の学校』『反貞女大学』『恋の都』『私の遍歴時代』『文化防衛論』『三島由紀夫の美学講座』などがある。

「1998年 『命売ります』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三島由紀夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×