平家物語(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061310506

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平清盛が太政大臣となる物語の冒頭の頃から、一門が壇ノ浦の海に沈むまでの年月は20年弱。清盛の死から、都に居場所を失い西へ落ちていくまでわずか2年。栄耀栄華を極めた一族のそのあまりの刹那さに我々は心惹かれ、今になってもこの作品を読み続けることをやめないのでしょう。

  • 大学時代、この本をテキスト代わりにして中世文学演習受けてました。
    持ち運びやすい文庫なばかりではなく、内容も本文の下に解説などがあって、読みやすかった記憶があります。
    本文は、確か原文じゃなかったかしら? 現代語ではなかったと思います。

    最近久しぶりに『平家物語』を読もうかと思っていて、この本を再読するつもり。

  • 全二巻なので持ち運びに便利。

全4件中 1 - 4件を表示

高橋貞一の作品

ツイートする