わたしが棄てた女 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (153)
  • (195)
  • (300)
  • (18)
  • (6)
本棚登録 : 1465
レビュー : 214
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061311411

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遠藤周作といえば、『海と毒薬』や『深い河』などを読んだことがあるが、重いテーマのイメージが強かった。しかし、エッセイなど軽めの話も面白いと言われているので、この小説は後者の方かな~と思って読み始めた。
    最初の方は、チャラチャラした学生生活の話かな、と思ったけど、ストーリーが進むにつれ、やっぱり遠藤周作の一貫したテーマになってる「神」や「愛」の話だった。

    ミツの愚直に貫いた苦しみの共感に、最後は涙が止まらなかった・・・。
    「世界が平和になるためには何をすればいいか」とか「どうすれば戦争を止められるのか」とか漠然としたつかみどころがないことを考えるよりも、まず隣で苦しんでる人と苦しみを共感してみた方が、いずれは大きな変化になるんじゃないかな~と思ったりした。

    軽い気持ちで読んだけど、すごく考えさせられる話だった。

  • 人がいいのは良いが、お人好しすぎるといけない。よく耳にする言葉である。私も今まで共感していたこの言葉だが、どんなことをしても報われないミツには同情の念を抱いた。健気にずっと吉岡を想い、彼のためにとお金を稼ぎ、堕ちて薄汚れた自分だと彼に迷惑をかけてしまうと思えば自ら彼との接点を無くそうとする。こんなにも彼を想って生きていたというのに吉岡自身は彼女のことを欲の処理の対象としてしか見ていない。好きな女に嫌われたくないために欲を我慢し、赤線に行き薄汚れた女を抱く。その延長線で、俺に惚れているミツなら簡単に抱くことが出来るという考え。あまりにも最低だ。その考えが彼女をもっと不幸にしたのではないか。現代の言葉に置き換えるとミツは所謂セフレというものなのだろう。だがミツは本当に吉岡を愛していた。一方通行の愛は読んでいる途中とても辛くなった。彼女は最期まで彼を想って亡くなったのに彼は新しい家庭を築き幸せに暮らしている。彼女だけが酷い目に合うのはどうしてなのだろうか。ミツのことを思うとやるせない気持ちになった。

  • 遠藤周作(1923~1996 享年73)著「わたしが・棄てた・女」、1997.12発行。男の身勝手さ、いい加減さを象徴する吉岡努、その吉岡努と2度の逢瀬であっさりと捨てられた森田ミツの物語。森田ミツの純情、健気さ、人の良さが胸を打ちます。「人間の生き方」を深く考えさせてくれる作品だと思います。森田ミツのひたむきな生き方は涙を誘います。読後の余韻が続く作品です。

  • 遠藤周作の文章を初めて読んだがとても印象的だった。目に見える情景を繰り返すことで、登場人物の心情が浮かんでくる。
    他人の不幸に対して、大まかに
    ①どうなっても自分とは関係ない
    ②気に留めないよう振る舞うが後ろめたさもある
    ③できることを行うが、自分を犠牲にはしない
    ④自分を犠牲にしても手を差し伸べる
    という態度にわけられるとして、基本的に①〜②の姿勢の吉岡が、④のミツに惚れられてしまったばかりに、④の姿勢とともにミツは吉岡の心に深く刻み込まれることになったんだろうと思う。
    ただし、現実の2人の関係性は欲望のままに女を棄てた男と、その男が忘れられない女以上というだけで、それ以上深くならなかったからこそ、吉岡を通してミツの生き方を見る私たちにも歯がゆいものが残る気がする。

  • 男なら誰もが一度は経験する・・・・というエクスキューズを付けてくれているが、そういった「誰もが」ということがないと、耐えられないのだろう。
    そのくらいミツは衝撃を与えたと言ってよいと思う。

    もちろん、そこには偶然が働きミツのような女性と出会えたからに過ぎない。本当に何でもなく過ぎ去っていくような人物がほとんどだろう。皮肉にもミツは吉岡に好意を持ってしまった、その1点にある。(この好意がどういった観点かは不明確だが)

    当然、この主題は「ごみのように女性を棄てるな」ということではなく、その女性の人格を通じた周囲の人間への影響を汲み取るところであろうが。吉岡は生涯ミツという存在を忘れることはないだろう。

  • 人間は他人の人生に痕跡を残さずに交わることはできないんだよ。
    人間のずるい部分と人間の優しい部分の両面が丁寧に描かれている作品。
    遠藤周作らしくないと感じた。
    ミツは幸せだったのかもしれないが、自分だったら救われない

  • ミツのような女性を聖女と呼ぶのだろうか。。無償の愛を実践した、聖女なのだろうか。。

    もし私がミツの友達であったなら、もっと自分自身が幸せになる努力をするべきだと、えらそうに言うに違いない。自身は、唯一無二の存在であり、自分の存在や未来を卑下し、諦めてはいけないと。。

    ミツという人が到底現実にいるとは思えない人物であるがゆえに、人間が清く正しく生きるなんていうことは、なんてほど遠いことだろうと感じた。

  • 遠藤周作の作品を、純文学と軽小説に分ければ、この作品は軽小説の部類になるようです。前半は確かに軽い感じですが、読みすすめるうちにだんだんと遠藤周作の世界が広がっていきました。
    人の心の弱さと強さ。その間での揺らぎ。そういった人間の心情は間違いなく純文学です。

  • この作品は遠藤氏の作品群の中では「純文学」ではなく「通俗的」な部類に入れられることがあるそうだが、私的にはれっきとした純文学である。
    出てくる主人公の男女もそれに関わる人たちも、あまりに魅力がないが、それが等身大の人間だと思うし、全編を通して、『神』と『愛』を意識させるところは、遠藤周作ならではだと思う。
    読んで良かった。

  • 森田ミツのように、人が困ったり悲しかったりすると、自分の身を投げ出すことのできる人に、あと何回生まれ変わったらなれるのだろう。

    ミツを使い捨てにした吉岡だけれども、心の隅にミツのことを置いているのは彼の良心かしら。
    女性を商品化して、売れなくなったら使い捨ての今の時代でも、ミツのような、または吉岡のような人はいるのか。

全214件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

わたしが棄てた女 (講談社文庫)のその他の作品

わたしが・棄てた・女 単行本 わたしが・棄てた・女 遠藤周作

遠藤周作の作品

わたしが棄てた女 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする