わたしが棄てた女 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (153)
  • (195)
  • (300)
  • (18)
  • (6)
本棚登録 : 1463
レビュー : 214
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061311411

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミツ‥。

    事実がどうであれ、その人が思ったことがその人にとっての真実になる。

    私は色んな人と人生を交差させながら、何かしら意味があることをしてきたのだろうか。自分の人生の意味はどこにあるのだろうか。
    後味良く人生を生きたいと思うのは、傲慢かなぁ。

    もやもやしてしまう読後感でした。

  • これはある意味聖書を越えた聖書ではないでしょうか?吉岡さんの悔恨、苦悩が、私達ほとんどが心のうちに持つ煩悩だと思いました。

  • 出だし軽妙、後からずしんと来た。はじめて読んだ周作の本。

  • 何度か読みました。
    重い~
    けれど読んでしまう。。。。

  • かわいそうなミッちゃん。誰にも愛されることなく死んでしまった。吉岡はクズ。だがそこがいい。少年らしい残酷さのまま大人になってしまうのね

  • 気管に泥がこびりついてるような不快さが、読んでいて絶えなかった。

    主人公の森田ミツという女。
    一途で博愛のように、最終的には聖女と書かれているが、わたしは無知すぎることへの嫌悪感を抱いた。

    遠藤周作の作品を読むのはこれが初めてなので、純文学だとか大衆文芸だとかそういうことは分からないけれど、これは恋愛小説だとは思わなかった。

    登場人物に対して否定的な印象を持っただけで、作品としては良いと思う。

    音楽座で『泣かないで』というミュージカル化されているらしいので、それは見てみたいと思った。
    wikiによると遠藤周作が自分の作品で泣いたのはこれが初めてだと言ったらしい。

    わたし的BGM『霧と話した』(日本歌曲)

  • ミツの孤独は悲しかったけれど、不幸とは違った。吉岡の方が不幸だと思った。

  • 遠藤周作作品の中で好きな作品のひとつ
    女性側からは残酷な内容ですが
    なぜか面白かった

  • ■わたしが・棄てた・女 遠藤周作

    通勤中に読んでみました。眠気のせいで読み終わるまでに20回は、本を落としたと思う。だから内容については深く読みこめてないわけだけど、それでも最後まで読めたのは、遠藤周作の小説のなかで、この作品が「純文学」ではなく、「通俗小説」の部類に属するからだと思う。そのことは「解説」にも触れられていたし、気負わずに読めるくだけた感触に、やや葛藤すらしたw。でも一貫したテーマが、この作品にしっかり流れてるんだなと感じられて、安心した。歩み寄ってもらってる気すらした。そして、読みながら、それなりに心が動かされてるのは分かったが、読書後、本を手放すと、ずいぶんまわりの風景が違ってるな、と感じるくらい、けっこう動かされていた。自分にとっては、そんな作品。

    04 けいじ

  • 自分の関わった人間のすべてに心を砕く事などない。幾ら身があってもやってられない。ミツは悲しい人であって、聖女ではないしそれを死によって
    美化していいのか。泣けたけど修道女の手紙がすべてを表しているように思う。愛とは自分を徹底的に可愛がることである。鶏頭となるも、牛後となるなかれの吉岡さん、お幸せに。最後に解説者の愛を語る部分はハナモチならない。偽善者の臭いがプンプン
    「あれも愛、これも愛・・・」という流行歌もあるぞ。一度っきりの大野のゆすりも愛。

全214件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

わたしが棄てた女 (講談社文庫)のその他の作品

わたしが・棄てた・女 単行本 わたしが・棄てた・女 遠藤周作

遠藤周作の作品

ツイートする