わたしが棄てた女 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (153)
  • (195)
  • (300)
  • (18)
  • (6)
本棚登録 : 1465
レビュー : 214
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061311411

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全体構成が上手い。
    「沈黙」や「死海のほとり」「深い河」なんかもそうだけど、「わたしが・棄てた・女」においてもそう。
    吉岡視点の「ぼくの手記」と第三者視点でミツを中心に描写する「手首のアザ」の章が入れ替わりながら物語が進んでいく。

    男というものは、かくも最低な生き物なのか。
    吉岡が言っている通り、男はたしかに似たりよったりの部分はある。(自分は違う!と言いたいけど)

    一方、遠藤周作がイエス・キリストに例えているのが、ミツだとすれば、うーん、ミツみたいな人、いるかね。
    いてほしいけど、いてほしくない。
    (自分の子供にミツって名前を検討したんだけどね。)

    久しぶりに読み返したけど、やはりスール・山形の手紙の最後のくだりは何度でも泣いてしまう。。

    吉岡は、きっと、この後しばらくしてミツのことを忘れんだろうな。でも、ふとした時に少し思い出す。
    これが、神が人生の痕跡を通して語りかけるってことなんだろう。

  • 泣き疲れて眠った本。
    不覚にも吉岡くんとミッちゃんにMOEて....
    そんな見方をしてsorry

  • 遠藤周作や三浦綾子などキリスト教信仰に基づいて書かれた本はいつも考えさせられる。
    ミツの人生っていったい…
    願わくば、他人の幸せと自分の幸せの両立しうることについても描いてほしかった。

  • 久しぶり?の遠藤周作です。飛行機の中で一気に読んでしまいました。

  • 現代において愛情を持つ時には、エゴイズム抜きには考えられない。

  • 短い時間でも本を開くとすぐに話に引き込まれる。現代にありがちな派手な設定もミステリーもないけど、心にジワリと確かに残る。
    遠藤周作の中では軽い作品らしいけど、読んでるとじっとりとした重力に包まれる。消して軽いとは思わなかった。

  • 遠藤周作、「重い」。「深い」という前に「重い」。以前読んだ『海と毒薬』『沈黙』も重かったけど、これも重い。すごい面白かったけどね。どこか純真でどこか愚鈍な登場人物が、運命の悲哀に翻弄されるのを読むにつけ、人生に空しさを感じるのは俺の心の危機。

  • 愛とは…幸せとは…
    シティーボーイとハンセン氏病になった田舎娘との物語。愛とは…幸せとは…遠藤周作さんはこの本のような小さな作品に至るまでキリスト教的な愛があふれていて、生き方を考えさせられます。

  • 誠実に生きてれば必ずいいことがある、悪口は言ったぶんだけ言われる、愛した分だけ愛される。
    そういう価値観が世間一般的、スタンダードな価値観とされていて、みんなそうやってよく言うけれど、これは半分以上、いやもしかしたら八割以上は真実とは異なってる、かなしいけど。
    自分を犠牲にして人にやさしく誠実に生きても、しあわせに死ねるかどうかはわからなくて、そもそもしあわせの定義がこれは個人的なものだから、余計にぐちゃぐちゃするし。

    つまりこの世の中は理不尽のパンドラの箱。でもだからみんないろんな物をずるずる馬鹿みたいに引きずって、でも頑張る。

    そういう事が遠藤周作は表現したくてこの小説を書いたんだと私は勝手に解釈。

    前向きになれる本とか読んで本当に前向きになっている人を見ると、正直ビビる私はこの小説を読んで少し前向きになれました。
    こういう暗くて、何の救いもないような話の方がかえって前向きになれる。

  • 1960-70年代のサラリーマンをモデルにした小説。他人には見せたくない金欲や性欲などの欲や嫉妬が鮮やかに描かれていて、人間の根本的な感情は時間や人の違いによらないことを痛感させてくれた。

    「あの人たち、いい人なのに、なぜ苦しむの。」という問いに「苦しいのは(略)誰からも愛されぬことに耐えること」、「この人生で必要なのは悲しみを他人の悲しみに結びあわすこと」であり、幸福とは他の誰かとつながり、悲しみや苦しみを分けあうこと答えている。

    --------------------------------------------------------------------------------------------
    人の基本的な感情の描写が鮮やかで他人事ではなくなってしまう。

全214件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

わたしが棄てた女 (講談社文庫)のその他の作品

わたしが・棄てた・女 単行本 わたしが・棄てた・女 遠藤周作

遠藤周作の作品

ツイートする