新書太閤記 1 (講談社文庫 よ 1-7)

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (532ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061311527

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 既読本

  • 太閤秀吉の苦労話とサクセスストーリー。

    猿顔のため周りから気味悪がられ、
    色々な仕事をするがどれも長く続かない。
    あげくに子供の頃庇ってきた相手にも、
    辛く当たられて暇を出される始末。
    だが、苦労を重ねる度に仕事に忠実になり、
    抜け目なさを身につけてゆく秀吉。

    そして主君で人生が決まることを、
    色々な環境で生活した中で学び、
    ついに仕えるべき相手を見つける。

    山岡先生の秀吉と違って苦労人で、
    この秀吉はなかなか好感が持てる。
    きっとこういう人だったんだと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1892年、神奈川県生まれ。1921年、東京毎夕新聞に入社。その後、関東大震災を機に本格的な作家活動に入る。1960年、文化勲章受章。62年、永逝。著書に『宮本武蔵』『新書太閤記』『三国志』など多数。

「2017年 『江戸城心中 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉川英治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×